So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

海のアイドル(1561) 石垣島 米原リーフ下 [魚]



                今日のアイドル「喰うもの喰われるもの」
                 2016.08.07 石垣島 米原リーフ下  

  787-1998.gif

                ケーブの中はスカシテンジクダイで一杯
        そこに一匹のユカタハタが潜入しウロウロとチャンスを伺っています

               餌にありつこうとやって来たのはいいけれど
          こんなにグチャッっといたら狙いが定まらないよ~って感じです

      大きい魚が小さい魚の群にアタックする光景は何度か見たことがありますが
           見事捕食に成功した場面を目撃した記憶が無いんですよね~
        なんか闇雲に群に突っ込んでみて、あわよくばの運だめし?みたいな

         目の前に盛りだくさんのご馳走がありながら思うように食べられない
       そんな苛立ち?と感じてしまうのは弱者への贔屓目のせいでしょうかね~












 雨上りの軒下になにか細い枯れ葉が落ちている。暫くして見ると、あれ?風も無いのに位置が変わっている・・・。そこでさては?と注視するとその枯れ葉はジワリジワリと前進、うん、やはりアイツでした。

アシヒダナメクジ.gif 苦手な方にはゴメンナサイ、こにらでは良く見る陸上の腹足類、いわゆるナメクジの一種「アシヒダナメクジ」です。 茶色で大きさも5cm弱なのでまだ若い個体ですね。もう少し大きくなると真っ黒で背中に白い線が一本目立つようになります。 
              (よろしかったら、クリックして大きい画面でどうぞ・・・)
 ナメクジというと普通貝殻のないカタツムリという印象ですがこいつはちょっと変ったナメクジです。

 先ずヌルヌルとした感じはなく、表面は硬い感じ、実際触って見るとザラザラして硬い、その分乾燥には強いのかな? 普通のナメクジは歩いた後に薄い膜が残りますがこれは足跡?を残しません。 

 ナメクジを指で摘まみあげるには勇気がいりますがこれは硬いので簡単に摘まめます。摘まんだら楕円形に縮んで固まります。 言ってみれば普通のナメクジより親しみやすい・・・と言えるのではないかな?  



                        ポチっとお願いします 
                   人気ブログランキングへにほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ

にほんブログ村

海のアイドル(1560) 石垣島 米原リーフ下 [魚]



                    今日のアイドル「ハナゴイ ⅩⅣ」
                  2016.08.07 石垣島 米原リーフ下

  787-1989.gif

              潜降しヨスジの根の上に散らばる魚たちを見る
              今日はハナゴイ達もオスメス出揃って活動している

             しかしまだどちらも食事に専念しているだけの様子
              その時の為に備えて栄養補給しておかなくてはネ

            観察するにも撮影するにももう少し数がいるといいのだが
            この海域では毎年集まる数もこの程度、場所もここだけ

               他の地域の様子を望んでも致し方ない事だし
                ここに来てくれるだけで良しとしなければ・・・ネ

              そろそろ求愛のディスプレイ、見せてくれるかな?












 台風が来なかった事のせいにするわけではないですが、庭の木がことごとく伸び放題です。通常台風が来ることが確実と分かっていれば、台風対策の一つとして風の抵抗を少なくする為に木の枝を落としたり切り詰めたりするのですが、今年はそのチャンスが一度も無かったのです。その結果市道との境に植えたヤラブ(テリハボク)もここぞとばかり新しい枝を伸ばして、今ではその上を横切る光ケーブルの高さを越え更にその上の電気の引き込み線にも架かる状態にまでなってしまいました。

 もしこの後に台風が来るとなった時は一大事、太く高くなった枝を落とすには相当の覚悟をもって炎天下での高所作業を強いられます。今のところ涼しくなったら一番にやらなければならない庭仕事と考えてはいますが・・・、さて台風、来ますかネ~。

 一方、伸びっぱなしにしたことで今や盛りと咲き誇っているのがブーゲンブーゲン真っ盛り.gifビレア、手前の赤と奥に見える白(ピンク)が何時になく綺麗に咲き揃いました。
                    (クリックして大きい画面でどうぞ・・・)
 綺麗なだけならいいのですが枝も伸び過ぎて垂れ下がり、門を出入りする時には頭を下げて枝を除けて通らなければならない状態です。花が付いている枝を切り落とすのも何だし・・・、花が落ちるまでは頭を下げて通るしかありません。

 人々が台風による被害や海のサンゴのことをいろいろ心配するのをよそに、陸上の植物たちは強烈に照る太陽をいっぱいに浴びこの時とばかりに持ち前の生命力を存分に発揮していますね。 



                        ポチっとお願いします 
                   人気ブログランキングへにほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ

にほんブログ村

海のアイドル(1559) 石垣島 米原キンセンの根 [魚]



                   今日のアイドル「ヒトスジイシモチ」
                 2016.07.24 石垣島 米原キンセンの根

  786-1964.gif

            キンセンの根の主役はキンセンイシモチだったのですが
              ここにいつしか居付くようになったのがこの子たち
                同じテンジクダイ科のヒトスジイシモチです

            今までここのその他大勢の中の一種として登場しましたが
                 改めて準主役として登場してもらいます
              しかしまあ・・・ご覧のように至って地味ィなお魚です

            姿が地味な上その動きも地味?というか静かなもんです
             昼間は何するでもなく一所にじ~っと留まっていますね

                この魚もやはり口内保育を行うと思われます
              その様子も何時か見てみたいと思うのですが・・・
           ひょっとしてこの隊形がその準備段階なのかも知れませんね
             注意深く観察してみたいけど・・・2週間置きだと・・・ね












 もう9月も近いというのにまだ一度も台風が来ないという異常な石垣です。 もしかしたらやっといらっしゃるのかな?と複雑な気持ちで見守っていた台風10号でしたが、又もやそっぽを向かれ本土の方へ行ってしまうようです。

 海のサンゴの事を思えば台風の力を借りたいところ、方や陸の方はといえば・・・やはり台風が来ないことによる困りごとが少なからず起こっているようです。 風が弱く連日の日照り続きで雨も少ないことにより、家の隣のキビ畑では下葉の枯れ具合が進んでいるように思います。
                   (クリックして大きい画面でどうぞ・・・) キビ 真直ぐ.gif
 それにこの時期のキビ畑の光景として異様に感じるのはキビが真っ直ぐに伸びていることです。 例年だとここまで育つうちに台風の強風で倒され、そこからまた上に成長することで茎の曲った株が多いのですが、今年はご覧のように全てが直立し整然と並んでいる・・・、こんなキビ畑は普段にはない異常な光景です。

 今のキビの高さは3m弱ですがこのまま真っ直ぐに伸び続けたら刈り取る頃、年末から年明け頃には優に5mに達するでしょうね。しかしそれはそれで見応えのある特異な景色とはなるのでしょうけど・・・。



                        ポチっとお願いします 
                   人気ブログランキングへにほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ

にほんブログ村

Dive No.788  石垣島 米原 [ダイビング]


 前回、サンゴの白化を確認したが、その後も時折り雷雨があったが概ね安定した気候が続いている。そんな中サンゴ白化の進行は如何に・・・、白化進行の惨状を覚悟の上出陣する。

Dive No.788 (ダイブログより転記)
  2016年8月22日 天気:晴れ時々曇り 気温:33℃ 水温:水面31℃・水底29℃
  風:北東微風  波:殆ど凪  潜水時間:48分 水深:最大23.1m・平均18.1m

 今日も人出は早い、ビーチには早くもパラソルが並び始めている。
 イノー(礁池)の水温は恐らく31℃を越えているだろう。泳ぎながら何となく汗ばむ感じだ。こんな様子でイノーのサンゴはかなり厳しい状態、一見茶色く見えるサンゴを良く見るとサンゴ本来の色ではなく白化し死滅した後に生えた苔で覆われている。また新しく白化したサンゴも相変わらず目立っている。
 
 リーフッジ、その先の浅い礁斜面のサンゴの白化も前回に比べ数が増しているようだ。
潮流を感じていたが少し流され潜降ポイントを探し戻る。 潜降途中、中層にはウメイロモドキの若魚が集まって採餌中、根に付くと馴染みのヨスジの群、今日の群は数が多いが個体が小さい、世代交代したようだ。 
  788-2060.gif

 根の脇のケーブを覗く。 相変わらずスカシテンジクダイの雲がうごめく。ケーブの壁側にはアオギハゼ、その奥にはキンメモドキの群も潜んでいるようだ。
  788-2064.gif

 オーバーハングの壁を奥へ進む。スミレヤッコ姐さんは今日も不在。奥に前から居付く孤独なツノダシでお茶を濁す。
  788-2070.gif

 Uターンしミノカサゴの根に向かう。手前のスズメダイ幼魚保育園のツノサンゴ、前より少し色が褪せてきたようだ、ガンバレよ!
  788-2079.gif

 流れに任せてミノカサゴの根へ。 トップのハタゴイソギンチャクが流れに煽られて捲れ上がり、その裏側の壁にミツボシ成魚が身を委ねている。
  788-2082.gif

 オトヒメ御殿へ、ヨスジの若魚は姿を消し目立つのはミツボシ成魚ばかり、根の周りを一通り見回す。前回見付けたハダカハオコゼの姿は無し。 独身クマノミは健在。 根の上、流れの後ろ側に細かいスカテンの稚魚が流れに向かって群れる。
  788-2086.gif

 帰路、砂地のジュズダマイソギンチャクも変わりなし、隣に居付くハナハゼも2か所で健在。
キンセンの根を伺うと根の窪みでキンセンイシモチのカップルが寄り添って何やら怪しい動き、様子を観察したかったが限界時間間近で断念。浮上へのルートを進む。
 
 徐々に深度が上がるがその途中のサンゴの様子、-15mほどまでのサンゴは特に白化の傾向無し、しかし深度を上げるとそこここに真っ白に白化したサンゴが点在、その殆どが白化に弱いトゲサンゴだ。

 礁斜面、深度を上げるに従って一面に白化サンゴが広がり斜面全体が明るくなったような感じ。中には蛍光色の青や紫、ピンクの物もあり、さながらお花畑の様相を呈している。
  788-2123.gif

 外洋のサンゴは前回に比べ白化は全体に広がってはいるものの個々のサンゴを見ると先に白化したものもまだ死滅にはいてっていない様子、このままなんとか生き延びて欲しいと念じながら浮上、一途の期待と不安の複雑な気持ちを感じながら浜へ泳ぎ向かう。



 サンゴの状態、とりあえずは「まだ大丈夫」ということだが、この先の気象状況も大きく変わる兆候は見られない。一縷の希望を託そうと考えていた台風10号だったがこれも八重山を嫌うかのように停滞そしてまた北上する? このくそ暑さ、いつまで続くのだろうか・・・。



                        ポチっとお願いします 
                   人気ブログランキングへにほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ

にほんブログ村

海のアイドル(1558) 石垣島 米原オトヒメ御殿 [サンゴ]



                  今日のアイドル「ナガレハナサンゴ Ⅳ」
                 2016.07.24 石垣島 米原オトヒメ御殿

  786-1947.gif

             サンゴといえば一般的に硬い骨格が目立ちますが
           中にはソフトなイメージを現わす異端児的サンゴもあります

                 昼間からやたら大きなポリプを伸ばし
             イソギンチャクの変種?と思わせるようなものも・・・
            このナガレハナサンゴもそんなサンゴの一つなのですが
                    その自然な姿が(こちら)です

         このフワフワポリプの隙間にエビ類が潜んでいる事があるのですが
           ダイバーがそのエビ類を探ろうとポリプをいじくり回すのです
               必然的にサンゴはポリプを引っ込めますね
             その結果がご覧のような骨格丸出しの姿になるのです

           ここに潜って十数年、ズ~ッとこのサンゴを観察していますが
                一度たりともポリプに触れたことはありません

               しかし最近は一部のダイビングガイドの間では
            ゲストへのサービスとばかりにステンレスの棒を用意して
              やたら生物をツンツン触りまくる傾向がみられます

          仕事熱心が上でのサービス精神? それも度が過ぎるとね・・・
          もう少し対象とする生物へのダメージも意識してほしいものです












 20日の朝、朝焼けに染まる雲の上に月が輝いていました。これ、東ではなく西の空ですよ。
                    (クリックして大きい画面でどうぞ・・・) 朝の満月8月20日.gif
 実はこの前日19日の朝、同じように赤い雲の上、これよりもっと低い位置に大きな満月が輝いていたのですが、ちょっと用を足しているうちに陽が昇り空も白けてチャンスを逃がしてしまいました。

 一日違うと同時刻でも月の位置も大きさも随分変わってしまうのですね。何枚か写真を撮っているうちに雲の色もどんどん変わってしまい、結局一番目のカットを採用、当に朝焼け夕焼けはタイミングの勝負ですね。



                        ポチっとお願いします 
                   人気ブログランキングへにほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ

にほんブログ村

前の5件 | -