So-net無料ブログ作成
検索選択

Dive No.775  石垣島 米原 [ダイビング]



 26日27日、今冬最低の気温だった日、海は凄い荒れ方だった。この調子だと次のダイビングはパスせざるを得ないだろうと諦めていた。
 その予定は29日、前日の予報では東風強く波高2m、はやりダメと決めてかかっていたのだが、当日まだ暗い朝、海側の窓を開けて耳を澄ますと波の音は微かだ。明るくなってから海を眺めると沖のWリーフやリーフエッジに白波は無いではないか・・・。
 この翌日には前線が南下して北風に変わりまた海は荒れてくるだろうしこのチャンスを逃がす手は無いと予定変更!
 

Dive No.775 (ダイブログより転記)

   2015年11月29日 天気:曇り時々雨 気温:27℃ 水温:水面26℃・水底26℃
   風:南南西1  波:ほぼ凪  潜水時間:42分 水深:最大22.8m・平均16.7m

 誰も居ない駐車場に着いた途端土砂降り、車の中でしばし待機、小降りになったところで準備を整えビーチを泳ぎ出す。こんな天気にダイビング、変人丸出しだ!
 海の中は至って穏やか、自由気儘な魚達を見ながらリーフ越えし潜降。
 ヨスジの根の上に、またハナゴイが戻って来ている、嬉しいことだ。。。
  775-1274.gif

 ヨスジ、少し数が増えたかな? Majyoさんの意気込みをしっかり伝えておこう。
  775-1278.gif

 ケーブのスカシテンジクダイを見て壁を進む。スミレヤッコ姐さんを探し一番奥へ・・・、とそこで小さめのスミレを発見、暫く追いかけていると大きめのスミレが現れた。その二匹を狙っているとそこへまたもう一匹、三匹のそろい踏みにビックリ、慌ててバシバシ撮っては見たが結果は辛うじて二匹だけに終わった。
  775-1286.gif

 コースに戻りミノカサゴの根へ、なんと根の上のイソギンチャクが異常に縮んでいる、どうしたことか・・・、ニモ達も窮屈そう、もとの形に戻るかどうか気掛かりだ。
  775-1290.gif

 オトヒメ御殿のカシワハナダイを確認し続いて砂地のハナハゼとしばし格闘、やはりマクロレンズへが欲しい・・・
 キンセンの根を経て浮上地点へ進む。目前に大きなエイの姿が・・・、マダラエイが悠々と往く。砂地に着底し砂遁の術、いたずら心で彼の真上に近付くと慌てて背中の砂を流しながら逃げた。
  775-1306.gif
 
 ガレ場を浮上ポイントへ、ハタタテハゼの幼魚が多数、駆け上がりの若いサンゴの成長ぶりを観察し浮上、減圧停止していると目の前をキビナゴの大群が目まぐるしく行き交う、まだまだ海は元気、そのお裾分けを頂きビーチまで頑張って泳ごう。
  775-1337.gif
 



 海底では一時太陽の光を感じたが浮上したらまた雨が降り出した。ビーチに辿りついたらまた土砂降り、機材を外しトイレへ逃げ込み雨宿りだ。
 ビーチには誰も居なかったが、もしこんな様子を見としたら「何を好んでこんな日に海に潜るんだろう?」と思うんだろうな~。 でも海の中は平穏そのもの、大変満足でした。



                        ポチっとお願いします 
                   人気ブログランキングへにほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ

にほんブログ村

海のアイドル(1451) 石垣島 米原リーフ下 [魚]



                 今日のアイドル「ヨスジフエダイ ⅩⅩⅨ」
                  2015.10.30 石垣島 米原リーフ下

  773-1177.gif

            ほら~、また上から人が降りて来たよ、気を付けてね!
            なんだ~、いつものオジサンだよ、あの人なら大丈夫
            ちょうどいいや~、地上の様子を色々聞いてみようよ

            ねえオジサン、近頃なんか地上が騒がしいみたいだけど
            みんな反対してるのに戦争をしたがってる人間がいるとか
            基地を作るために貴重な海を埋め立てようとしてるって?
            多分その人たちは海の中の美しさを知らないんだろうね

            そのうちオイラ達もこの海に住めなくなっちゃうのかなぁ
            そんなことにならないように頑張ってよね、オジサン!











 蝶の中でも小さい部類のシジミチョウですが、その中でも一番小さいのでは・・・と思われる蝶が数匹花壇にいました。 風に舞うゴミみたい、あまりにも小さいので写真に撮ろうなんて考えもつかない対象だったのですがほんの気まぐれにマクロで狙ってみました。

ホリイコシジミ.gif カメラを構えながら暫く動きを見ていましたが、たま~に葉に止まることはあっても翅は閉じたまま、仕方なくその姿を撮るしかありません。翅の表を見てみたかったのですが諦めました。
                   (クリックして大きい画面でどうぞ・・・)
 撮るには撮ったけど、さぁ名前が気になります。NET図鑑で調べた結果「ホリイコシジミ」ということでした。 解説を読むと、シジミチョウの中でも小さい種類の一つであると・・・、エッ最小ではないの!?と疑問に思ったけど、同じ種類でも季節や環境で大きさが異なることがあるのでこれが最小の種だとは言えないとのこと、なるほどそういうことなんだ~と改めで納得させられました。でもこれ、とにかくちっちゃいチョウチョなのですよ~!


                        ポチっとお願いします 
                   人気ブログランキングへにほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ

にほんブログ村

海のアイドル(1450) 石垣島 米原リーフ下 [その他]


                   今日のアイドル「アオウミガメ Ⅲ」
                  2015.10.30 石垣島 米原リーフ下

  773-1174.gif

             あの日のウミガメに再度登場してもらおう
             水面から見えたのは岩礁の上で餌探し最中のウミガメ
             初めての事、はやる気持ちを抑え潜降準備を急ぐ・・・が
             わたしの影に気付いてしまったか上を見上げて身構えた

             オ~ィ、せっかく会えたんだからちょっと待ってくれよ~!
             その願いを無視するように身体を起こし逃げにかかった
             潜降する私を横目でチラチラ見ながら沖へ向かって遠ざかる

             ここの海中でウミガメを見たのは2回目になるだろうか
             いずれもそそくさと逃げる姿を追いかけるだけだった
             人影を見ても気にしないウミガメがいる海域もあるようだが
             ここでは滅多に逢うことも無く人慣れしていないのだろう











 石垣には白いチョウチョはいないの?・・・とachamiさんの問いかけで改めて思い出した白い蝶「クロテンシロチョウ」です。

 この蝶、森の妖精と言われるように薄暗い森の中に住んでいます。裏山の小道を歩くと時々見かけていました。小さな真っ白な蝶で、ヒラヒラゆったりと優雅に飛び続け滅多に止まらない、でもその飛ぶ姿がとても魅力的に思えて、初めて見た時から一目をおいていました。

 暫くお目にかかっていなかったのですが、偶然にもachamiさん問いかけの数日後、いつもの散歩で県道を歩いて他の蝶を探している時、えっ!こんな所に?とヒラヒラ舞う白い蝶、クロテンシロチョウ.gifあの飛び方はまぎれもないクロテンシロチョウの姿、相変わらず止まることなく飛び続けていました。      (クリックして大きい画面でどうぞ・・・)

 暫く飛び続けていましたが、余程疲れて?いたのか珍しく目の前で止まってくましたよ。 滅多に見ない止まった姿、しかもどうぞとばかり翅を広げてくれたので名前にあるクロテンもくっきりと撮影できました。 てなことで、老犬ラッキーの気持ちはさておきとてもラッキーな散歩となりましたね。


                        ポチっとお願いします 
                   人気ブログランキングへにほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ

にほんブログ村

海のアイドル(1449) 石垣島 米原礁池 [魚]



            今日のアイドル「海の耕作人達 クロソラスズメダイ Ⅳ」
                   2015.10.04 石垣島 米原礁池

  772-1149.gif

            前出のマイクロアトールの上部には藻の畑が広がります
            今日も数匹の農夫クロソラスズメダイが耕作に余念がない
            作物はイトグサという藻、彼らがいなければ育ちません
            そしてこの藻は彼等の大切な食糧でもあるのです

            リーフエッジから泳ぎ帰りここまで来たらもうあと少し
            彼等の働きぶりを見ると疲れも吹き飛び最後のダッシュ
            次第に浅くなる渚、今日も無事に終えられたことに感謝!











 石垣へ来て初めてこの蝶を見た時、なんと不思議な蝶なんだ!が第一印象でした。翅の模様も見た事のない異様なものでしたが、パタパタ飛んできて止まった時の姿が信じられなかったのです。
                   (クリックして大きい画面でどうぞ・・・)
イシガケチョウ.gif 蝶の標本作りを経験した人はご存知でしょうが、標本の基本、翅を固定するために展翅板という台に張り付け形を整えて乾燥させるのですが、この蝶は花に止まっている様子が常に展翅板上の姿そのものなのです。 だから標本作りは楽?・・・というわけにはいきませんけどね。 写真を撮るには好都合ではありますが・・・。

 目の前に飛んできたので慌てて撮りましたが残念ながら翅はボロボロ、でも石崖(石垣)模様はなんとか残っていました。 身体はみすぼらしくてもシャキッと背筋を伸ばしている気概?がなんとも素晴らしい! 私も見習わなくては・・・
 

                        ポチっとお願いします 
                   人気ブログランキングへにほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ

にほんブログ村

海のアイドル(1448) 石垣島 米原礁池 [魚]



                     今日のアイドル「アオヤガラ」
                   2015.10.04 石垣島 米原礁池

  772-1147.gif

            ダイビングを終えイノーをエッチラと泳ぎ戻ってきました
            テーブルのようなマイクロアトールが並んでいます
            深さが2m程で石庭を思わせる変化に富む海域なのです
            ビーチまであと30m程、何かいないかなとキョロキョロ

            おや長いのが居ましたね、50cmくらいの「アオヤガラ」
            エラ下にホンソメワケベラが取りついてじっとしています
            この魚も警戒心が強く、なかなか近付けない魚ですが
            クリーニング中なので少しだけ留まっていてくれましたよ









 今年の秋は台風以来気温の高い日が続いているので、野草のセンダングサが咲く空き地にはこのリュウキュウアサギマダラも前出のスジグロカバマダラやベニモンアゲハに混じっリュウキュウアサギマダラ.gifて盛んに飛び回っています。         (クリックして大きい画面でどうぞ・・・)

 八重山では冬でも天気のいい日には飛ぶ姿を見る事ができますが、寒い日は木の枝に並んでぶら下がり寒さに耐えて越冬する様子が見られます。

 アサギマダラといえば、大海原を越えて大陸間を行き来し行動範囲の広い蝶として有名ですが、このリュウキュウアサギマダラはアサギマダラとは属が違い南国だけに分布する蝶です。

 アサギマダラに比べると小型でか弱感じの蝶ですが、やはり食草からの毒を蓄えているので敵が少ないせいで、人を恐れることも無くヒラヒラと自由に飛ぶのでとても親しみやすい蝶ではあります。


                        ポチっとお願いします 
                   人気ブログランキングへにほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ

にほんブログ村