So-net無料ブログ作成
検索選択

Dive No.783  石垣島 米原 [ダイビング]



 梅雨の中休みも3日目、天気・海況も申し分なし。今日も朝から暑く、家でスーツを着て出掛けるのを躊躇するほどだ。 車で1分、駐車場で素早く準備してなるべく早く海に入ることだ。 小学生が大勢木の下で準備体操、シュノーヶリング教室が行われるらしい。

Dive No.783 (ダイブログより転記)
  2016年5月27日 天気:晴れ時々曇り 気温:31℃ 水温:水面26℃・水底26℃
  風:南南西1  波:ベタ凪  潜水時間:52分 水深:最大22.8m・平均16.7m

 イノー(礁池)の透明度がよろしくない。これでは子供たちのシュノーヶリング教室も楽しさ半減だろう。

 リーフエッジを越え外洋の透明度も頗る悪く、水面から下のヨスジの根が見えない。サンゴの産卵時期はサンゴ礁の海の透明度が下がると聞いたことがある。もしそういう事だとしたら致し方なし、むしろ活発に産卵が行われたのなら喜ばしいことだ。

 潜降する途中、真上からヨスジの根を眺める。ヨスジの群、個体も大きく数も増えたようで根を取り巻くようにゆったり動いている。

 根に着くとその一部がこちらに向かってくる、以前からのお馴染みさんだろうか、歓迎をうけて嬉しい気分になる。
  783-1744.gif

 根の上のハナゴイは何処かへ散ったようだ、残念!

 壁を進み最初のケーブを覗く、小魚の数はまだ少ない。 とその時ケーブの奥から大きな風呂敷が現われた、またマダラエイだ。 いつか見た奴だろうここを根城にしているらしい。 奴も私を認識しているのか、特に慌てることなく私の足元をすり抜けるようにゆっくり去って行った。
  783-1751.gif

 壁を進み2番目のケーブを覗く、よく見ると奥に小魚の群れが固まってきている。

 ケーブを離れようとした時、また奥から別のマダラエイ、今度は隙を見て慌てて飛び出ていった。
 
 スミレヤッコ姐さんを探して壁の奥へ・・・だが今日もいない、暫く会っていないし何処かへ行ってしまったのだろうか・・・

 壁の奥には以前から住み付いている孤高のオニハタタテダイがポツンと浮いていた。
  783-1756.gif

 壁奥の広場の離れ根の下には常連のチョウチョウコショウダイのカップル、80%の確率で見掛けるが、彼等はココでいったいなにをしているのだろう、眺めるだけにしてここを離れる。

 ミノカサゴの根; 少し大きく育った多数の幼魚達で賑わってきた。
 オトヒメ御殿; ミノカサゴの根に比べハナダイ系の幼魚が目立つようになった。

 マクロレンズで狙ったクマノミ幼魚はまた大きくなり、それでも今や狭くなったタマイタダキイソギンチャクから離れずに居る。 
  783-1778.gif

 さて今日のメインの観察、ジュズダマイソギンチャクだが、いまだ元のサイズではないにしても無事復活したようだ。数匹のチビクマノミとチビミツボシが住み着いていた。先ずは一安心・・・。
  783-1777.gif

 隣接する砂地のハナハゼ、二組4尾を確認、冷やかし半分に接近を試みる。

 キンセンの根; ここはキンセンイシモチの他にウメイロの幼魚が主体、3cm位に育っている。

 駆け上がりを徐々に上昇、ミニアーチの「笑うせーるすまん」(ミズイリショウジョウ)のご機嫌を伺い浮上、減圧停止で少し水平移動し棚下のシライトイソギンチャクのクマノミへ、なぜかボス一匹の姿しか確認出来ず。

 最後に棚上のハマクマノミへ、相変わらず岩の奥へ引っ込んだイソギンチャクだがハマクマカップルは機嫌よく顔を見せてくれた
  783-1809.gif

 浮上して浜へ泳ぎ出す。水面から耳を出すと遠くビーチではしゃぐ子供たちの声が聞こえてくる。彼らには早く海に慣れて安全に、この海の計りしれない不思議を感じとれるようになったら喜ばしいのだが・・・。



 前回のダイビングでの一番の気掛かりであったジュズダマイソギンチャク、その後無事再生して幼魚も戻りつつある様子を確認できたことが一番の収穫、安心して次への期待をふくらませることができた。



                        ポチっとお願いします 
                   人気ブログランキングへにほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ

にほんブログ村

海のアイドル(1520) 石垣島 米原キンセンの根 [魚]



                    今日のアイドル「ケショウフグ」
                2016.04.30 石垣島 米原キンセンの根

  781-1664.gif

                前に一度記事にしたことがあるのですが
                 写真での登場は今回が初めてでした
                   デカイフグです 50cmくらい・・・

                      前に見た時も同じ場所
              キンセンの根の隅に庇のように張り出したところ
           この下が魚達にとっては安全で居心地がいいのでしょうネ

              ケショウフグ?? なんでまたそんな名前を・・・?
          全体の格好からしてお化粧するような容姿には見えないけど
              強いて言えば、目の周り? 大袈裟なツケマツゲ?
           それにしても、遊園地の迷路のような奇抜な衣装ですな~












 5月6日の日記に記した双子のグアバの花、順調に受粉・着果したようで実は日に日に膨らんでいます。他の枝の花も殆どが着果しており、今日数えてみたところ14個、まだ蕾も有双子グアバ.gifりますのでこの先幾つまで増えるのか・・・。
                     (クリックして大きい画面でどうぞ・・・)
 たくさん実るのは結構なことですが、グアバの実はしっかり締まって重量もそれなりにあるので、全部収穫するとなるとこのか細い枝を補強する必要があります。

 近所の民家にもグアバの木が有りますが、実が生っても食べるでもなく鳥に喰われっぱなしにしているので参考にならないし、さてどんな方法で枝の補強をしようかな? ボケ防止を兼ねて真面目に考えてみましょう。

 

                        ポチっとお願いします 
                   人気ブログランキングへにほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ

にほんブログ村

海のアイドル(1519) 石垣島 米原オトヒメ御殿 [魚]



                    今日のアイドル「ハナハゼ Ⅸ」
                 2016.04.30 石垣島 米原オトヒメ御殿

  781-1663.gif

            最近お定まりのポイントで必ず見かけるハナハゼです
           少なくとも2か所、ハゼの巣穴の上をユラユラ泳いでいます
         しかし肉眼で見ても背景に溶け込み写真と同じようにしか見えない
         本当の色を出すにはもっと近付き的確なライティングが必要です

          以前200mm望遠マクロレンズに2灯ストロボで撮った画の様に
           綺麗なメタリックブルーの体色を現わしてみたい・・・なんて
               今の機材では到底無理な話なのですがね~
           それでも、証拠写真としてでもいい・・・と狙ってみるのです












 庭のフウリンブッソウゲが咲き揃いました。
赤い風鈴.gif 梅雨空の下、ちょっと雨が止んだ時、庭に下りて撮ってみました。無風、しっとり静かに垂れ下がる姿は梅雨に似合うのかな~なんて・・・。               (クリックして大きい画面でどうぞ・・・)

 風鈴仏桑華、アオイ科フヨウ属ブッソウゲ(仏桑華)つまりハイビスカスの近縁種です。でもいわゆるハイビスカスの雰囲気とは違い、一見華やかだけど、独特な形と下を向いて弱々しく咲く姿に奥ゆかしさを感じるのですね~。



                        ポチっとお願いします 
                   人気ブログランキングへにほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ

にほんブログ村

海のアイドル(1518) 石垣島 米原オトヒメ御殿 [魚]



                今日のアイドル 「クマノミ ⅩⅩⅤ 幼魚」
                2016.04.30 石垣島 米原オトヒメ御殿

  781-1661.gif

           ハウジング外付けのマクロレンズを買ったのはいいけれど
                 その使い方にいささか戸惑っています
                 フィルムカメラの200mmマクロレンズで
            マニュアルフォーカスに慣れていた感覚は全く通じません

          だいたいオートフォーカスというものへの信頼感が無いうえに
        こんな変則的なレンズを付けること自体ちょっと無茶だったのかな?
         とにかく今はこの組み合わせを使いこなすしか有りませんが・・・

                このレンズ、ズームを目一杯引っ張らないと
           ご覧の様な四隅にハウジングポートによるケラレが入ります
          またズームで引けが引くほどピント合わせがシビアにもなります

                あのジュズダマイソギンチャクの幼魚達を
                中途半端なズームで撮ってみたのですが
            その中でもなんとかピントの効いたのがこのカットだけ

           四隅のケラレを除けてトリミングするのが当たり前?・・・でも
           これって、水族館の展示に有りそうな小窓を覗く水槽みたい
               もしかしたらこういう撮り方も有り?・・・でしょうか












 今日は街へ・・・、ふと思いついてカメラ持参で出掛けました。というのも県道のトンネル先の道路脇に咲いていたイジュの花、そろそろ終わりかな? それを確かめたかったのです。

イジュb.gif 現場に着く前から山の斜面に咲く白い花が未だに目立っています。誰もいない歩道の隅に車を停めて歩いてみましたが、いやはや花の終わりどころか今やまだ盛りと咲き誇っています。 道端から斜面の上の方へ・・・、車で走って見ただけでは気付かなかったのですが、あんな上の方にまで植わっているとは思いませんでした。
                    (クリックして大きい画面でどうぞ・・・)
イジュa.gif 前にachamiさんからイジュの花の香りのコメントがありました。 明確にお答え出来なかったのですが、今回歩いてみて気付きましたよ、ほのかな甘い香りが一面に漂っていました。エアコンを入れ窓を閉め切っていては気付かない香り、なんとももったいないことをしていたんだな~と改めて気付いた次第です。



                        ポチっとお願いします 
                   人気ブログランキングへにほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ

にほんブログ村

海のアイドル(1517) 石垣島 米原ミノカサゴ [魚]



                 今日のアイドル「根に集まる各種幼魚」
                2016.04.30  石垣島 米原ミノカサゴ(根)

  781-1638.gif

            冬場殺風景だった根にご覧のように幼魚が集まりました
               これ等の幼魚達はこの根で生まれた訳ではなく
                    数日前にどこかで卵から孵化し
            多分夜の暗闇の中を漂い偶然ここに辿りついたのでしょう

                いったい何種類の幼魚がいるのでしょう
           テンジクダイ系、ハナダイ系、ベラ系 ハタ系その他もろもろ
               そう、岩の穴にはエビカニ類もいるはず・・・
            それぞれがある程度大きくなるまでここで過ごすのです

          それなりに成長したらそれぞれの居場所を求めて根を離れます
                  その時が来るまでの一時期ですが
              この根の一番華やかな光景を楽しむことができます

              しかし・・・幼魚達だけなら平和な光景となるのですが
               当然それを狙う捕食魚達も集まってきますので
             一概に楽しんで見ているわけにはいかないのですね~












 一昨日の日記で夕陽の撮影が叶わなかったことを書きましたが、その翌日(20日)の朝、恒例のストレッチ体操で2階東側の窓に立つとちょうど峰の上に朝日が顔を出しました。一昨日のリベンジをとストレッチを始める前に慌ててカメラを用意し撮ってみました。時刻は6時17分、日の出時日の出16.05.20.gif刻(5時58分)からは19分経っています。
                   (クリックして大きい画面でどうぞ・・・)
 こういうタイミングも久し振りのこと、まだ真っ暗な朝に眠い目で起床していたときからは何日も経ち、やがて窓から差し込む朝日に無理やり起こされるのももうすぐのことです。

 この日は空一面に高く薄い雲が覆っていてその中を上ってくる太陽で東の空全体が異様に赤く染まりました。しかしそれもほんの数分、雲の赤味は徐々に消え見る見る普通の薄曇り空へと変化して行きました。

 梅雨の最中といえこういう日もあるので、これから数カ月、朝日夕陽の状態に注意を欠かせない日々となります。 そして夏至の前後には日没時のグリーンフラッシュをもう一度狙ってみたいと思っているのですが・・・。(グリーンフラッシュ:水平線に沈む太陽がほんの一瞬緑色に見える現象)



                        ポチっとお願いします 
                   人気ブログランキングへにほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ

にほんブログ村