So-net無料ブログ作成

海のアイドル(1655) 石垣島 米原ミノカサゴの根 [魚]


今日のアイドル「ササスズメダイ」
2017.03.04 石垣島 米原ミノカサゴの根

798-2693.jpg


恥ずかしいことに最近・・・なにを今更と言われそうですが
普段潜っている海なのに、まだ名前も知らない魚がいっぱいいるということ
これじゃぁいけない、これからは細かく観察していこうと考えを改めました

スズメダイの仲間、大きさや色形から凡そ見分けはつくのですが
普段見慣れたもの以外はその他大勢で片付けてしまっていました
だからその他大勢に関してはカメラを向けたことも無い訳で・・・

今回、早速根の上に数個体いるスズメダイらしきに目を付けました
あまり特徴の無い地味系スズメダイ「ササスズメダイ」のようです
強いていえばヒレの先が黒く染まっていること、なるほどね・・・

でもササって? 笹みたいということでしょうかね~、どこが?













 昨年秋に実を付けた我が家のグアバ、まだ小さい実のまま冬を越しましたが最近になって急に大きく膨らみ始めました。熟すことにはならないだろうと諦めていたのですが、こうなればちゃんと熟すまで待ってみようと見守っていました。

 熟すのを待っているのは人間だけではなく鳥たちの存在も気掛かりです。グアバ熟す.jpg色が変わり始めると目ざとい鳥がやって来る筈ですが出来るだけ木に付けたままで熟すのを待つつもりでした。       (クリックして大きい画面でどうぞ・・・)

 そろそろかな、もう一日待とうと油断したのがいけなかった・・・、今朝見ると一個無い!やられた~ですよ。木の下には無惨にえぐられた実が落ちていました、もう一個は大乗具かなと木についているのを見ると・・・、エッ~!これもやられてる~!

 もともとグアバはそんなに好きな果物ではなかったので、実の保護にあまり執着せずにいたのをしっかり鳥たちに見抜かれていたようです、鳥を甘く見てはいけませんね。これからはパッションフルーツにマンゴーの季節、グアバの二の舞にならないように万全を期さなくては・・・。




ポチっとお願いします
人気ブログランキングへにほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ

海のアイドル(1654) 石垣島 米原ミノカサゴの根 [魚]



今日のアイドル「カクレクマノミ ⅩⅤ」
2017.03.04 石垣島 米原ミノカサゴの根

798-2691.jpg


お馴染み、根のトップのイソギンチャクに住むニモです
広いイソギンチャクを勝手気ままに泳ぎ回っていますし
突然触手の中からヒョコッと現われたりするので
複数をワンカットに収めるのはなかなか難しいのであります

二兎を追うものは一兎をも得ず・・・ではありませんが
一匹だけを狙ってたまたま他のニモが近付いて来た時がチャンス
しかしね~、狙った一匹もチョロチョロ動き回ります
でもまあなんとかツーショット、あっち向きとこっち向きですが・・・













 庭のリュウキュウコスミレと入れ替わるように今度はヒメキランソウが咲き始めました。この花、以前はもっと広い範囲に紫色の絨毯のように広がっていたのですが、昨年あたりからなぜか場所を変えて疎らな咲き方になってしまいました。
                     (クリックして大きい画面でどうぞ・・・) ヒメキランソウそろい咲き.jpg
 この花は種ではなく匍匐(ホフク)茎で繁殖します。そのために普段人が歩く場所での繁殖が難しかったのかもしれません。今年は踏まれることの無い段差の斜面に生き場所を変えたようです。

 ということは、この花が終わるまで芝刈りはオアズケということ、しかしその間に芝や他の雑草は伸び放題、さて何時まで待つか悩むところです。



ポチっとお願いします
人気ブログランキングへにほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ


海のアイドル(1653) 石垣島 米原リーフ下 [魚]



今日のアイドル「ヒレナガハギ」
2017.03.04 石垣島 米原リーフ下

798-2676.jpg


前記事のヤシャベラ同様、これも初登場の「ヒレナガハギ」です
別に珍しい魚でもなし、彩りが無いので写真写りも良くないし・・・
殆ど毎回見かける魚ですが、なぜか追いかける気になりません

しかしこの魚は他に無い特徴、名前の通り立派なヒレの持ち主です
どうせ撮るならその特徴である長いヒレを広げた姿をとらえたい
しかし逃げる時は水抵抗を減らす為に大きなヒレを閉じてしまうのです

逃げる途中、時たまパッとヒレを広げる時があるのでチャンスです
今回壁沿いに逃げるところを執拗に追いかけてみました
タイミングは良かったようですが、光量が足りませんでしたネ













 3月も末になると庭の芝生にも雑草が目立ち始めてきました。その雑草と同じ扱いをするには気が引けるのですがリュウキュウコスミレも遅れてはならんとばかりに咲き揃ってきましスミレそろい咲.jpgた。
                    (クリックして大きい画面でどうぞ・・・)
 種をはじいて拡散するので年々繁殖の範囲が広がってきています。そのためこのところ庭に出る時は可愛い花を踏まないようにと常に足元に気を遣いながら歩くことになります。

 雑草が伸び始めるとまた芝刈りを急かされる季節がやってきます。まあいつものことながらスミレの花にかこつけて芝刈りを後回しにするのがオチですけどね・・・。



ポチっとお願いします
人気ブログランキングへにほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ

海のアイドル(1652) 石垣島 米原リーフ下 [魚]



今日のアイドル「ヤシャベラ」
2017.03.04 石垣島 米原リーフ下

798-2675.jpg


このところ魚ネタが乏しくなってきたので
前出でもいいからと手当たり次第に目に入った魚を撮っています
いつも目にしているのでスル―していたのですが
この「ヤシャベラ」 なんと初登場だったではないですか~

ヤシャベラ、なんかおっかなそうな名前です
白黒の縞と特徴的な胸元の朱色が「夜叉」を連想させたのでしょう

往きずりに泳ぎながら安直に撮るもんですから
魚は逃げ腰になりどうしても後ろ姿になってしまいますね













 このところカンムリワシは恋の季節、伴侶を求めて活動が活発です。 今日もまた家の前の電柱にやってきてしきりに鳴いて存在を主張していました。
                     (クリックして大きい画面でどうぞ・・・) カンムリ2017.03.18.jpg
 午後になって陽が傾き始めた頃、青空をバックに横顔を狙ってみました。精悍ないい顔をしています。 この空に怖い物はいない、鳥の王者然として眼光鋭く周りを見つめていますが、実はカンムリワシといえども手に負えない相手がいるのです。

 そうなんですよ、その手に負えない相手というのは・・・カラスです。 カラスは攻撃を仕掛けているわけではないと思いますが、とにかくカンムリワシを見つけると数羽で寄って集ってちょっかいを出すのですね。攻撃するのではなく遊び半分でからかってみたり嫌がって逃げるカンムリワシを執拗に追いかけたり・・・、その逃げる姿が王者に似着かない様子に苦笑してしまうのです。




ポチっとお願いします
人気ブログランキングへにほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ


海のアイドル(1651) 石垣島 米原リーフ下 [魚]



今日のアイドル「ホウセキキントキ Ⅵ」
2017.03.04 石垣島 米原リーフ下

798-2673.jpg


オーバーハングの壁下には時に珍客が現れます
どうやら魚達にとって安全な休憩場所になっているようです
今回の珍客(それほどでもないか)は「ホウセキキントキ」
特徴的なシルエットなので一見してそれと分かります

壁際に静かに浮いていましたので近付いてみました
見た目は濃い黒茶色なので地味な感じですが
光を当てると・・・ほれ、ご覧のように真っ赤なのです
鼻筋真っ直ぐ、極端なウケグチ、とぼけたお顔ですね

後ろにチラッと写っているのはユカタハタの若魚
彼等はこの場所の常連さんですが、俺も写せってことですかな?













 我が家の山椒の木に花が咲きました。 昨年夏に家内が知り合いの農家からゆすり受けたもの、高さ30cm程、小さな鉢植えの木です。
                    (クリックして大きい画面でどうぞ・・・)
山椒の花.jpg もらってきてすぐにこの木にアゲハチョウの幼虫が付き丸坊主にされたこともありました。(そう、あの時幼虫は蛹になりそうなとき鳥にサラワレテしまったのでした) その後は無事に過ごし冬には葉が落ちてかなりミスボラシイ姿でしたが、暖かくなってまた新しい葉が出揃いそこに小さな花を付けました。

 この山椒、本土で見慣れたものと葉の付き方がちょっと違いますね。調べるとこれば「ヒレサンショウ」という南方系の種類だそうです、なるほど「ヒレ」があります。

 山椒は小粒でピリリと辛い・・・、果たしてこの木にもピリリと辛い実がつくのでしょうか、確かめてみましょうね。




ポチっとお願いします>
人気ブログランキングへにほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ