So-net無料ブログ作成
検索選択

Dive No.799  石垣島 米原 [ダイビング]



 今回も予定した日に合わせて海況が落ち着いてくれた。おまけに太陽が時々顔を出すまずまずの天気だ。昨日のフィットネストレーニングの疲れがあるがこのタイミングを逃す手はない。


Dive No.799(ダイブログより転記)
 2017年3月18日  天気:晴れ時々曇り 気温:26℃ 水温:水面22℃・水底22℃
 風:南1  波:ウネリ微  潜水時間:42分  水深:最大22.8m・平均17.0m

 お彼岸の連休初日、天気も良いので人出も早い。浜に出て沖合を観ると既にダイビングボートが一隻、既にお出ましだ。 初めての客にはあまりお勧めできるようなポイントではないと思うのだが、ショップとしてはここも数のうちに入れなければスケジュールが立たないのだろう。

 ポイント上に着くと下から湧き上がるダイバーの排気の音が騒がしい。透明度悪く見通せない海底から幾筋もの泡が・・・、いったい何名いるのか、とにかくかなり大勢のグループのようだ。

 とりあえず潜降、ヨスジの根に着くがヨスジの群が疎ら、大勢のダイバーで蹴散らされたのか、または季節の変わり目だからか定かではないがちょっと淋しい想い。。。
799-2732.jpg


 壁を降りて先へ進む。 ユカタハタの若魚、単独のマダラタルミ、奥にはウメイロ・オニハタタテ・ツノハタタテ等が数匹集まり集会場の様を呈している。

 Uターンしいつものコース、シライトイソギンチャクのクマノミカップル、ミゾレウミウシ2個体、クロユリハゼの成魚カップルとその幼魚等・・・、ミノカサゴノ根経由オトヒメ御殿へ・・・、魚影に変化なし。

 ジュズダマイソギンチャクのクマノミ幼魚確認、ハナハゼは今日も姿を見せず、キンセンの根へ。 今日もまたヤッコエイがクリーニングで例のヘンな格好でいる。 それも一度は逃げたが暫くしてまた戻ってきてクリーニングを受けていた、常連さんのようだ。
799-2757.jpg


 ガレ場を進み徐々に深度を上げる。最後にルートを逸れて礁斜面上部のシライトイソギンチャクをチェック、相変わらず遠目からも位置が分かる位に目立つ、未だ白化が回復していない。しかし住人のクマノミは健在だ。
799-2763.jpg


 ルートへ戻り減圧停止、浮上、冬場には無かった賑わいを見せる浜へと泳ぎ帰る。ビーチ近くでは親子がライフベストだけでバシャバシャ泳いでいたが水温22℃、まだ寒いだろうに・・・。今日は夏日の気温、天気もまずまずなので海に入りたくなる気持ちは分からないでも無いが・・・、そういえば今日は八重山の海開きだった。



 季節が進み前回よりは海の中も変化を期待したがまだまだ、海の春はもう少し先になりそうだ。




ポチっとお願いします
人気ブログランキングへにほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ