So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年04月| 2017年05月 |- ブログトップ
前の5件 | -

海のアイドル(1679) 石垣島 米原リーフ下 [魚]



今日のアイドル「クロユリハゼ Ⅱ 幼魚」
2017.04.16 石垣島 米原リーフ下

  801-2860.jpg

二回目の登場、幼魚の成長を観察中です、といっても
近付くとすぐ穴に引っ込んでしまうので離れて眺めるだけです
幼魚達、2ヵ月たって随分大きくなりました(以前の幼魚)
体長も細くなり後ろ半分の黒さも増してもう一人前の姿です

クロユリハゼの体型って独特ですよね
普通背ビレと尻ビレは形や位置が違うものなのですが
この魚は(見た目の)上下が対称的でとてもすっきりした感じです
無彩色な地味系ですがなぜか好感が持てて私好みの魚です













 庭でヤシの木の枯れ枝を処理している時、近くでカンムリワシの鳴き交わす声が聞こえていました。また近くの電柱の天辺で鳴いているのだろうと・・・、どころがその鳴き交わす声がだんだん遠く高く移動している事に気付きもしかして?・・・と鳴き声の主を探しました。 やはり・・・その方向の空高く旋回する二匹のカンムリワシの姿がありましたね。

 彼らも今まさに恋の季節、数日前から遠く近く複数のカンムリワシの鳴き交わす声が聞こえていましたが、そろそろ期が熟した頃でしょうか意気投合した相手と空高く愛を確かめ合うランデブーが始まったようです。

 カンムリワシは、その幅の広い翼をフル活用して、殆ど羽ばたきをせず風滑空.jpgをうまく利用して旋回しながら上昇します。その姿がとても優雅、その姿を捉えたいとカメラを構えましたがなにしろ遠い・・・、
                    (クリックして大きい画面でどうぞ・・・)
 やがて求愛が成功したのかどうか、二羽は分かれて一羽だけがこちらに向かって下降してきたところを撮影しました。トリミングすると翼の模様がくっきり明るい空に透けていい感じに撮れました。




ポチっとお願いします
人気ブログランキングへにほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ

海のアイドル(1678) 石垣島 米原リーフ下 [魚]



今日のアイドル「シマキンチャクフグ Ⅴ」
2017.04.16 石垣島 米原リーフ下

  801-2853.jpg

6cm程の小さいフグの仲間、特徴的な鮮やかな模様がかわいい

良く見かけるのだが臆病なのですぐに逃げる

逃げる時はヒレをたたむので格好が悪いうえにいつも後ろ姿

隅に追い詰めて逃げ場を失った時が撮影チャンスなのだが

そこまでして追いかける対象ではないかな~、ゴメンネ・・・













 庭の奥、手前のヤエヤマヤシが大きくはろ広げてきたのでその後ろに目が届かなくなってきた。 先日掲載したゲットウの花を確かめるためにヤシの葉をくぐって奥へ入ってみるクチナシ2017.jpgと・・・、匂いましたね~クチナシが咲いていました。
                      (クリックして大きい画面でどうぞ・・・)   我が家のは匂いの強い八重のクチナシです。姿はあまり美しくないのですがその匂いは格別、思わず鼻の穴を広げて深呼吸です。この日図らずもゲットウの花とのコラボレーションとなりました。




ポチっとお願いします
人気ブログランキングへにほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ

Dive No.803  石垣島 米原 [ダイビング]



 夏日が数日続いている。海も比較的穏やかだし、石西礁湖でのサンゴの産卵のニュース、再水温の上昇が期待できる。となれば各所で仔魚の発生が期待できる、確かめに行かなければ・・・。


Dive No.803 (ダイブログより転記)
   2017年5月18日  天気:晴れ時々曇り 気温:28℃ 水温:水面23℃・水底25℃
   風:北西1  波:ウネリ少々 潜水時間:40分  水深:最大22.8m・平均17.7m

 まずまずの天気、早い午前中ちょっと気温が低めだが観光客の出足は早い。
 浜を泳ぎ出すも首筋から入り込む水がやけに冷たい。泳ぎながらの視界はモヤモヤ、表層に冷水が漂っている。手を下に下げると掌が暖かく明らかに水温の違いがわかるほどだ。

 軽く揺られながらリーフエッジを越え潜降ポイントへ・・・。 透明度は相変わらずだが前回に比べ多少改善されたかな?水面からヨスジの根全体が辛うじて見渡せる程度だが。
 潜降しながら根の上のヨスジの群を探す。半分くらい降りたところで群の固まりを確認、早速ご挨拶の撮影。
  803-2968.jpg

 今日はハナゴイの姿は確認出来ず、残念!  壁を降りて奥へ進む。 奥の庭の片隅にグルクンが数匹怪しい動き、私の接近を警戒しつつもホンソメワケベラのクリーニングの順番待ちをしているようだ。 ここはあの町長さん達のクリーニング場所、脇の岩陰には当の町長さんが静かにその様子を眺めている。
  803-2970.jpg

 Uターンしウミウシを探しながら進むが今日はウミウシの姿無し、また少し大きくなったクロユリハゼの幼魚、シライトイソギンチャクのクマノミを経てミノカサゴノ根へ。

 ミノカサゴノ根には種類が分からない程の細かい仔魚がかなり増えてきた。見惚れる程の密度になるのはもうすぐな感じ。 イソギンチャクのニモ(カクレクマノミ)も賑やかになって浮かれているように活発に動き回っている。
  803-2987.jpg

 オトヒメ御殿へ進む、相変わらず白く変色したミツボシクロスズメに突かれるだけ、ジャニーズ系クマノミも独り身で変らず。 帰路ジュヅダマへ寄る。まだ委縮しているままだがこのまましっかり養生して元の姿に戻って欲しいものだ。

 その脇のハナハゼ、姿を認めるが一瞬で穴へ消えてしまった。 キンセンの根経由ガレ場を進み深度を上げていく。

 途中のサンゴ三段飾りを見て愕然! 明らかに破壊された痕跡が・・・、残念ではあるがこの様子から犯人?は・・・ブダイだろうか? しかし周りにも同じようなサンゴがあるのに何故これを狙ったのだろうか・・・。
  803-3008.jpg

 若いサンゴ畑を眺めながら浮上。 海水温が上がったのでここのサンゴ達も産卵したのかな? 
 
 さあ、浜へとひと泳ぎ、礁原の外側では感じない海面表層の冷水は浜へ近付くにつれはっきりと感じられる。 これでは海水客もハダカでは長く浸かっていられないだろう。



 ビーチにはかなり多くの観光客が、思い思いに海を楽しんでいる。 ここでも中国語が飛び交っている。 体格のいい白人のグループはパンツ一枚で海に飛びこんで行ったが、さてこの冷たさをどう感じたかな?




ポチっとお願いします
人気ブログランキングへにほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ

海のアイドル(1677) 石垣島 米原礁池 [魚]

今日のアイドル「クロソラスズメダイ Ⅸ 婚姻色」
2017.04.03 石垣島 米原礁池

  800-2840.jpg

テリトリーを持ちそこでイトグサという海藻を育てる
海のハルサー(農夫)クロソラスズメダイですが
この時期彼らも農作業の傍ら婚活にも懸命です

普段の姿は何回も紹介してきましたが(こちら)
この日の彼等は身体に太いシロオビを現わしています
普段威嚇する時とは違う姿、明らかにオスの婚姻色でしょう
見ると数匹のオスがそれぞれのテリトリーでメスを誘っています

今回初めてオスとメスの違いを見分けることができたのですが
ふだんここに居る数匹はオスメスが混在していたのだろうか
いつも一緒だけど、この時期だけ発情するということなのか
こうなると、改めて彼等の日頃の生活を見直す必要有りだな~













 沖縄の梅雨の時期に咲く花の代表「ゲットウ(月桃)」の花です。この時期ゲットう2017.jpg道路を往くと畑のあぜ道に赤土流出防止目的で植えられたゲットウが一斉に花房をぶら下げている光景を見ます。これを見て言葉で形容すると「ジョロジョロ」か「ジョロンジョロン」とぶら下がるって感じです。
                      (クリックして大きい画面でどうぞ・・・)  我が家のは、鳥が種を運んできたのか知らぬ間に生えてきたのをそのまま育てて?きましたが、ここにきてその旺盛な繁殖力に振り回されています。根を張ってどんどん株が広がるので新しく出た芽を片っ端から処理しないと大変なことになってしまいます。

 地域ではこの葉や種を薬用や食用に広く利用されていますが、それでもただの庭木にするにはそれなりの覚悟をする必要があります。 しかしそうは言っても花咲く様子だけは好ましい姿ではあるのですがね~。



ポチっとお願いします
人気ブログランキングへにほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ

海のアイドル(1676) 石垣島 米原リーフ下 [サンゴ]


今日のアイドル「まん丸サンゴ」
2017.04.03 石垣島 米原リーフ下

  800-2813.jpg

礁斜面手前にある離れ根の壁に根付く若いサンゴを
下から順に浮上しながら観察するのも楽しみの一つ
その中にまん丸のサンゴ(ミドリイシ)を見つけた

以前にもここで一つ注目する丸いサンゴを見つけたが(こちら)
これはそれに比べてもほぼ真円に近い
直径20cmほど、どこまで大きくなるか是非見極めなければ・・・

2~3日前にニュースで石西礁湖の残存サンゴの産卵が報じられた
とても喜ばしいこと、ではこの海域のサンゴは?と気になるところ

サンゴの産卵は水温25℃になると始まると言われているが
この海域の水温23℃はまだ産卵には低いようだ
もう少しあと、次の大潮時には期待できるのかな?













 我が家のベビーマンゴーはその後も順調に大きくなっています。今現在平均して長さ3cmほど、陽が当たる側が赤く色付いてだんだんマンゴーらしい形になって来ました。
                       (クリックして大きい画面でどうぞ・・・)
色づくマンゴー.jpg 近所の農家で聞いた話ですが、この状態になってもまだ実が落ちるのだそうです。当初俄仕込みの知識で、よく実らせるために一房に3個程度を残して摘果するつもりでしたが、ここまで大きくなってもまだ落果があるならば、今無理して摘果するよりは小さくてもいいからこのまま成り行きに任せてみることにしました。

 毎日実の状態をチェックしていますが地面に落ちた実を見つけた時は落ち込んでしまいます。落果は普通のことと分かっていても欲が出てしまうのですね~。

 実が大きくなるにつれ重みで枝が垂れ下がって来ました。いよいよ本格的に実を吊るす作業を始めなければなりません。その作業スペースを確保するためには一度ビニールの覆いを部分的に巻き上げなけなければならないようです。梅雨の晴れ間を見計らってやることになります。




ポチっとお願いします
人気ブログランキングへにほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ

前の5件 | -
2017年04月|2017年05月 |- ブログトップ