So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年05月| 2017年06月 |- ブログトップ
前の5件 | -

海のアイドル(1695) 石垣島 米原リーフ下 [魚]



今日のアイドル「メガネモチノウオ(ナポレオンフィッシュ) Ⅶ」
2016.05.18 石垣島 米原リーフ下

  803-2978.jpg

オッ、ナポレオンだ~! 久し振りに出会いました
前回は4月でしたか、かなり大型の個体だったようですが
今回はまだ若いやつ、小ぶりとはいえ貫録十分です

前回、記事には体側の縞模様のことを書いていました(こちら)
背中側の白い縞模様が地域差のためかと気にしていたのです

今回のものも薄く微かに白い縞が確認出来ますので
地域差などの大袈裟な理由ではなく、恐らく・・・
本来持ち合わせている組織がその時の気分で変化するのかな

パラオには餌付けの影響による人懐っこいナポレオンがいました
触れるほどの距離で遊んだことを思い出しますが
石垣のナポレオンは警戒心が強くなかなか近寄れないのですね~













 朝、リビングのカーテンの開け硝子戸を引くとほのかないい匂いを感じました。覚えのある匂い、この匂いはアレだなと庭に目をやると緑の木の上に白い小花の固まりがあります、今まさにゲッキツが満開になっていました。  (クリックして大きい画面でどうぞ・・・)
ゲッキツ満開.jpg
 この木の根元には我が家の先住犬ランランのお墓がありますが、毎朝ランランを始め猫のサンボ、そして4月に亡くなったラッキーのお墓と、日課にしている彼らとの挨拶とお供えの水の交換は欠かさないのですが、いつも下ばかり見ていてその上の木の様子を見ることを忘れていました。

 花が咲いてその匂いで初めて気が付いた次第、そして今日の彼らとの挨拶は「ゲッキツ、いい匂いだね~、今日も元気で行こうね・・・」ということになりました。

 梅雨明けした石垣、雨降る気配も無く連日真夏日が続いています。リュウキュウクマゼミの鳴き声もだんだん近くから聞こえるようになりました、いよいよ本格的な夏です。




ポチっとお願いします
人気ブログランキングへにほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ

海のアイドル(1694) 石垣島 米原リーフ下 [魚]



今日のアイドル「クマノミ ⅩⅩⅩⅩⅡ ♂」
2017.05.18 石垣島 米原リーフ下

  803-2977.jpg

毎回訪れるリーフ下シライトイソギンチャクのクマノミ夫婦

その雄の尻尾が特徴的であると前回書きました(こちら)

その尻尾の開いた状態を見たいとチャンスを狙っていました


メスの尻尾は黄色でオスは白というのが一般に言われています

ここの連れ合いのメスの尻尾は確かに鮮やかな黄色ですが

方やこのオスの尻尾は、確かに付け根は白ですが透明が主です


まだ成熟していないから中途半端なのかもしれませんが

前回2ヵ月前の写真と比べても変化は見られません

この先変化することがあるのか、見極めなければなりませんね













 今年のパッションフルーツが半月ほど前からほんのりと色付き始め、カラスに先を越されないようにと袋をかぶせていましたが数日前からポロポロと落ち始めました。
                  (クリックして大きい画面でどうぞ・・・)  パッション2017.jpg
 今年の実はいつもに比べてやや小ぶりです。株が古いせい(2年目)か、手入れが行き届かなかったせいか葉の様子に元気が無かったように感じていたのでした。花が咲いて授粉しても着果率が悪く(約6割)上手く成熟するか心配だったのです。そんな中このように熟してくれたのはありがたいことです、これで半分くらいかな? 追熟して表面がシワシワになったら食べ時です、さて今年の味はどうでしょうか・・・。 




ポチっとお願いします
人気ブログランキングへにほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ

海のアイドル(1693) 石垣島 米原リーフ下 [魚]



今日のアイドル「ヨスジフエダイ ⅩⅩⅩⅩⅠ 目・目・目」
2017.05.18 石垣島 米原リーフ下

  803-2967.jpg


毎度お馴染みのヨスジフエダイ、目の前を悠然と行きます

今日の群はとてもまとまりがいいようです

でも写真を見みていてなんだか背筋がゾッとしましたよ



群の上の方を見るとまん丸で無表情な目・目・目・目・・・

同じような目が重なって並んでいる様が不気味な感じ

いったい何を考え、何を見詰めているのでしょうね~













 6月19日の朝、庭先のシマトネリコの幹にセミの抜け殻を発見、早いお出ましに驚きました。 ハエのようなクサゼミの声が聞こえなくなり、山の方から微かにハルゼミの合唱が聞こえ蝉の抜け殻2017.jpg始めていました。 クマゼミはもう少し先、7月に入ってからだろうと予想していたところです。
                    (クリックして大きい画面でどうぞ・・・)
 さて、抜け殻は見つけたけれどこの主はどこかな? そう遠くへは行っていないだろうと木の上の方を探しましたが蝉の姿は見つかりません。既にどこかへ飛んで行ったのなら鳴く声が聞こえてもいいはずですがその後クマゼミの鳴く声はまだ聞こえてきません。もしかしてこの慌て者?はメスだったのかな? 抜け殻を調べてみてもお腹の鳴き袋の跡があるようなないような・・・。

 セミの幼虫は地中で6~7年過ごすと聞きますが、この抜け殻の主は6年以上前からこの木の下で過ごしていたのですね。 しかしこのトネリコの木の6年以上も前の様子はどうだったのか定かに記憶していないし、セミがこの木にやって来ていたかどうかも覚えておりません。

 昨年の夏にはビックリするほどの数が来て枯れ枝に産卵している様子を確認、記事にも書きましたが、この様子だと今現在この木の下の地中には何匹の幼虫が密かに暮らしているのでしょう、思えばこれも神秘ですね。





ポチっとお願いします
人気ブログランキングへにほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ

海のアイドル(1692) 石垣島 米原リーフエッジ [魚]



今日のアイドル「ヒフキアイゴ」
2017.04.30 石垣島 米原リーフエッジ

  802-2953.jpg

良く見るのにまだ登場していなかった魚、初登場です
ご覧のように黄色に白黒模様なので良く目立ちます
いつもはカップルで行動していますが動きが早いので
撮影のチャンスが少ないのを理由に見過ごす事が多いのです

この日、減圧停止で根の上で時間を潰している時
このカップルが慌ただしくやって来ました
とそこでピタッと動きを止めたのです、これはチャンス!

このソフトコーラルの上はクリーニングステーションになっており
前を往く一匹が動きを止めるとそこへホンソメワケベラ登場
ヒフキアイゴはヒレを目一杯広げよろしく~との態勢です

ヒフキアイゴって面白い名前ですよね、この顔をご覧ください
白黒で異様に突き出した下向きの口がその名の由来です
今は見ることが無い火吹き竹、これを吹いている様とみたのでしょう













 日曜日のウォーキングの途中、刈り取りが終わった田んぼの谷を上ったところにここの集落の小中学校があります。小学校と中学校の併設校で現在の生徒数は? 良く分かりませんが小中併せて20名弱でしょうか。 その運動会がちょうどこの日行われていました。
                       (クリックして大きい画面でどうぞ・・・)
運動会.jpg 石垣は今梅雨の最中、ぐずついた天気続きでグランドの状態が悪いので体育館で行うとのチラシが配られていましたがこの日辛うじてグランドで実施することができたようです。 脇を通りかかった時は丁度競技の間の準備だったようで子供たちの元気な動きを見ることはできませんでした。

 余談ですが、もう十数年前になるでしょうか、ロケで石垣を訪れていた俳優の高倉健さんがこの運動会を道路端から見て、如何にも素朴で平和な光景に感動してしばし眺めていたそうです。後日ご本人からその時の感想を記した手紙が学校当てに送られてきたとのこと。 高倉健さんもちょうど私がいるこの場所から眺めていたのかな・・・。




ポチっとお願いします
人気ブログランキングへにほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ

海のアイドル(1691) 石垣島 米原キンセンの根 [ホヤの仲間]



今日のアイドル「チャツボボヤ Ⅴ 団地」
2017.04.30 石垣島 米原キンセンの根

  802-2948.jpg

キンセンの根で幼魚の撮影をした後で根の壁面を見ると
1cm程の丸っこいものがたくさん並んでいました
チャツボボヤの集団のようですがまだ成長過程のものも見られます

ホヤ、あの海のパイナップルといわれるマボヤの遠い親戚です
しかしこのチャツボボヤはなかなか面白い構造の生き物
その訳は以前のブログ(こちら)に書いております

一つの丸いのがアパート(集合住宅)になっており
それが何棟も集まり団地を形成しているといったところでしょう
ならば「キンセンの根・ホヤ団地」とでも命名しましょうか













 ちょうど2週間前でした、近くの県道脇の小さな田んぼの稲穂のことを書きましたが、18日の日曜日、再びウォーキングに出掛けました。さて2週間経ってあの田んぼはどうなったかな? 

稲刈り後の田んぼ.jpg 予想した通りイネは綺麗に刈り取られていました。それも刈り取られた直後らしく器械のキャタピラーの轍がくっきり残っています。恐らく昨日刈り取ったばかりのようです。
                    (クリックして大きい画面でどうぞ・・・)
 トンネルで折り返し帰り道、道路の反対側にある同じ人の田んぼを覗くとここはまだ刈り取り前、でも今日にも刈り取られるのでしょう。

 去年のことを思い出しました。一期作が終わった後また二期の田植えが行われるのを期待していましたが、結局この田んぼでは二期目の田植えは行われなかったのでした。恐らく小規模農家であり流通目的ではなく自家消費の為であり、その為には一期分で充分ということなのかもしれません。 今年はどうかな? また暫くして覗いてみましょうかね。




ポチっとお願いします
人気ブログランキングへにほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ

前の5件 | -
2017年05月|2017年06月 |- ブログトップ