So-net無料ブログ作成
サンゴ ブログトップ
前の5件 | -

海のアイドル(1794) 石垣島 米原リーフ下 [サンゴ]



今日のアイドル「キノコみたいなサンゴ」
2018.02.20 石垣島 米原リーフ下

  814-3662.jpg

いつも通っているルートなのにその存在に気付かなかった
今回もこのサンゴの上を無意識に通り過ぎた後に
おっ、ちょっと当て! とあわてて振り返って確認

大きなキノコの傘みたいなきれいな半円形のサンゴだ
直径40cmほど、「スボミキクメイシ」の群体かな・・・?
すぼんだ底がもっと緑がかった色なら間違いないと思うけど

そういえば昔、これの小さな群体の写真を載せた時
このサンゴを研究している大学の先生から
その写真の使用許可を求められたことがあったな~
何らかのお役にたったのかな? そうなら嬉しいのだが・・・













 庭の芝の間に咲く紫色の花、春先にはリュウキュウコスミレ、それも今は花が終わり代って咲いているのが「ヒメキランソウ」です。 昨年まではこのヒメキランソウがかなりの面積を占めていましたが今年はリュウキュウコスミレが優勢です。

 リュウキュウコスミレは種を飛ばして広がりますがヒメキランソウは茎を伸ばして広がります。その広がり方は種を飛ばすコスミレの方が有利でしょう。その結果ヒメキランソウのエリアヒメキランソウ.jpg は追いやられるように場所を変えています。
                       (クリックして大きい画面でどうぞ・・・)
 今年もヒメキランソウが咲きましたがその場所は下庭への階段のブロックの穴です。こんな所に・・・、ですから階段の上り下りには花を踏んづけないように注意しなければなりません。





ポチっとお願いします
人気ブログランキングへにほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ

nice!(34)  コメント(10) 

海のアイドル(1788) 石垣島 米原礁斜面 [サンゴ]


今日のアイドル「若いサンゴ畑」
2018.01.21 石垣島 米原礁斜面

  813-3634.jpg

2011~12年にかけてのオニヒトデの大発生で丸裸にされた礁斜面
あれから5年以上経ちました
当時食害に遭ったサンゴの屍の無残な姿をみて
最早この地でのサンゴ再生は無理だろうと嘆いたものです

しかしその後、裸の岩肌に小さなサンゴの芽が付いているのを見つけた時は
まさか?という想いと同時に、サンゴの繁殖力の凄さに驚いたものです
そしてその後、芽吹いた小さなサンゴは順調に成長し
写真のようなお花畑を形成しつつあります

まだ隙間が目立つ状況ではありますが
このまま順調に成長を続けることができたなら
お互いのサンゴが重なり合って
斜面を覆うようにサンゴで埋め尽くされるでしょう

気候の変動が気になるところですが
なんとかこのまま平穏に過ぎてくれることを願うばかりです













 初夏のような陽気が続いています。そうなると野鳥たちも恋の季節、毎日のように聞こえてくるのがカンムリワシの鳴き声です。

 近くで鳴き声が聞こえたので見ると光ケーブルのワイヤーに止まっていまカンちゃん.jpgした。前の畑を見降ろして・・・、メスへの求愛の贈り物を探しているのかな? まあそれにしても翅が随分傷んでいますが、恋の争いのせいかな? それとも生え代わる途中でしょうか。連れ合いを見つけ結ばれて順調に子を育ててくれよと願うのです。     (クリックして大きい画面でどうぞ・・・)

 この界隈ではカンムリワシの姿の目撃頻度は以前と変わらないように思うのだが、島全体での生息数の変化はどうなのだろう。カンムリワシリサーチという団体が調査を続けていると思うのだが、最近はその関連の報告を目にしないのだが・・・。




ポチっとお願いします
人気ブログランキングへにほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ

nice!(32)  コメント(10) 

海のアイドル(1773) 石垣島 米原リーフ下 [サンゴ]



今日のアイドル「ハナバチミドリイシ Ⅲ」
2017.10.09 石垣島 米原リーフ下

  811-3526.jpg

 以前の記事で「まん丸サンゴ」として紹介したサンゴ(こちら)
今回もその成長具合を比較しようと同じ個体を撮った筈でした
ところが見比べて見るとどうも背景が違いますね
周りに同じような丸いサンゴが幾つもあるので見誤ったようです

こんなに同じように丸いサンゴの数が増えてくると
また同じようにどれがどれだか分からなくなりそう
間違わないように目印を付ける必要があるかな?
成長の妨げにならないような・・・さてどんな方法がいいかな~













 久々のいい天気、街へ出掛けての帰り道、この辺りから眺める山の姿がいいのですね~。、いつもはそのまま走りつずけるところでしたこの日はひと際きれいに見えたので、ちょっと石垣アルプス.jpg路肩に停まってゆっくり眺めてみました。あいにくカメラが無かったので始めて新しいガラケーで撮ってみました。青空に白い雲、アルプスの稜線もくっきり、道路脇の枯れススキもいい雰囲気です。
                   (クリックしておきい画面でどうぞ・・・)
 左側が沖縄の最高峰である於茂登岳(525.5m)、右側の平らな方のピークが桴海於茂登岳(477.1m、県3位)、まあ私に言わせれば「石垣アルプス」の威容であります。 南側から眺めておりますのでこの桴海於茂登の向こう側に我が家があります。そしてアルプス越えは石垣でただ一つの「於茂登トンネル(1174m)」を抜けていくことになります。





ポチっとお願いします
人気ブログランキングへにほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ

nice!(38)  コメント(8) 

海のアイドル(1756) 石垣島 米原リーフ下 [サンゴ]



今日のアイドル「異種サンゴの2段重ね」
2017.09.24 石垣島 米原リーフ下

  810-3453.jpg

礁斜面の若いサンゴ集団の中にこんなのがありました
明らかに種類の違うサンゴが重なって成長しています
相当前からあったのでしょうが最近まで気付きませんでした
下に大きいハナバチミドリイシ、その上がコイボミドリイシでしょう

ここまで大きくなるのに半年以上かかっているはずですが
ここに根付いた時はどんな状態だったのでしょう
その時の様子を見過ごしていたとは返すがえすも残念・・・
しからばこの先どのように変化するのか、興味は尽きません













 ♪赤いソテツの 実も熟れるころ・・・♪  先日のソテツの隣の幹には更にソテツの実2.jpg熟した実が膨らんでいました。 これを見てすぐに頭に浮かんだのがこの歌の歌詞でした
                      (クリックして大きい画面でどうぞ・・・)
 田端義男の「島育ち」、 いささか古い歌謡曲ではあります。えっ?そんなの知らないよって言われそうですが・・・。 小さめのギターを胸に真横に抱えて唄う姿が目に浮かびます





ポチっとお願いします
人気ブログランキングへにほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ

nice!(40)  コメント(8) 

海のアイドル(1730) 石垣島 米原リーフ下 [サンゴ]



今日のアイドル「ツツウミヅタ」
2017.08.26 石垣島 米原リーフ下

  808-3278.jpg

いつもなにげに通り過ぎているところですが
なぜか今日はそこに咲く白い菊の花?が目に入りました
菊の花の正体は、刺胞動物門花虫鋼ウミトサカ目ウミヅタ科
ということでこれもサンゴの仲間「ツツウミヅタ」です

大方こんもりと密集して生えている事が多くあまり注目されません
注意していれば普通に見つけることが出来るのですが
今回は花の咲き具合というか位置取りというかとても目立ちました

背景のサンゴはキクメイシの仲間のダイオウサンゴでしょうか
その縁を飾るようにパラパラと咲いている様子がとても可愛くて
高原の岩陰に可憐に咲く名も知れぬ高山植物の花を思わせます 













 ノロノロ台風18号の名残が残る石垣、天気は晴れですが相変わらず強い西風が吹き続いています。このまま勢力を維持して九州に上陸するらしいですが、普通ならこの時点で勢力を弱めながら猛スピードで列島を駆け抜ける・・・というパターンですが、今年の台風はこれだけみても異状です。

 石垣でも14日未明に意外に強く吹いた風で木の小枝や葉が散乱、我が家の庭も伸び放題にしていた枝が折れたりしていますのでその後始末が待っています。 

あと一本.jpg 話は遡りますが、以前から少しづつ枝打ちを進めていたシマトネリコの木、この台風には間に逢いましたが、いよいよ最後の枝一本を残した姿を撮っおきました。          (クリックして大きい画面でどうぞ・・・)

  実はこのトネリコ、3年前の外壁塗装の際に足場の邪魔になるので大幅に伐採したのです。木の途中の枝別れしたところがコブになっていますが、その後そこから新しく生えた枝が茂って二階のベランダに達するまでに育ったということです。

 台風前に最後の枝を落とし、その後3年前のコブの下で切って形を整えようとしていたのですが、台風対策で他の木の枝打ちを優先するためにまだ無様な姿のままです。





ポチっとお願いします
人気ブログランキングへにほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ

nice!(44)  コメント(14) 
前の5件 | - サンゴ ブログトップ