So-net無料ブログ作成
ダイビング ブログトップ
前の5件 | -

Dive No.817  石垣島 米原 [ダイビング]



 ゴールデンウイーク最終日、観光客の皆さんはもうお帰りになっただろうと海へ出掛けたがまだまだ結構賑わっていた。夏日が続いたので海水温も少しは上ったのかな。



Dive No.817 (ダイブログより転記)
  2018年5月6日  天気:曇り時々晴れ 気温:28℃ 水温:水面24℃・水底24℃
  風:南1   波:ベタ凪  潜水時間:42分  水深:最大22.8m・平均17.0m

 今回から夏用3mmのウエットスーツ、かなりくたびれてヘナヘナ状態のため首筋から大量の水が浸入して冷た~い! しかしひと通り身体中に回った海水は徐々に体温で温まり冷たさは感じなくなったしウエートが減ったので泳ぎやすくなったかな・・・。

 リーフエッジの目印のブイから潜降、今日も透明度悪く下の根が見えない。 ヨスジの根に付くが魚影が少ない、大きめのがパラパラ居るだけだ。 

 壁のケーブの一つに居付くアカマツカサ、今日も一人ぼっちだ。
  817-3800.jpg

 壁を進み奥の広場でUターン、砂地のシライトイソギンチャクとクマノミペアの様子を伺うが特に変化なし。
 ミノカサゴの根へ。 あらま~、トップのハタゴイソギンチャクが縮んで丸まっている、どうしたんだろう。 
  817-3808.jpg
 てっぺんにチョロチョロっと触手が出ていて3匹のカクレクマノミが困った様子でウロチョロ、かなり昔に同じような状態があったが、なかなか面白い光景だ。

 オトヒメ御殿へ。 今日もまたニセゴイシウツボの巨体がここに・・・、おや、その奥にハナミノカサゴの姿、写真を撮っていると「オイ、俺も写せと!」ウツボの鼻っ先へ出てきた。こいつ等、にくまれ者同士、仲がいいみたい・・・。
  817-3823.jpg

 帰路はまたジュヅダマイソギンチャクへ。 2週間経って賑わいの様子がちょっと変ったかな? 細かい魚の混雑ではなく中でもクマノミが随分大きくなったようだ。
  817-3829.jpg

 斜面へ戻りサンゴ畑を散策、二階建てサンゴの横のハートサンゴ・・・見事!
  817-3834.jpg

 斜面中程のミニケーブ脇、笑うセールスマン(ミズイリショウジョウ)の虫歯を覗いてサンゴ畑を上る。斜面上部のハマクマノミ、ご機嫌な様子を伺って浮上、穏やかな水面をゆったり浜へと帰る。

 ビーチ手前のイトグサ畑の農夫クロソラスズメダイ、今日も興味津津でカメラを覗きこむ。 今日の彼女?はナチュラルメイクだな~。
  817-3843.jpg




 今回も快適なダイビングだった。ペラペラのウエットスーツ、もう何年使っただろうか・・・でも寒さは感じなかったがそろそろ新調する時期かな~、財布と相談して安いスーツを探してみよう・・・。



ポチっとお願いします
人気ブログランキングへにほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ

nice!(38)  コメント(10) 

Dive No.816  石垣島 米原 [ダイビング]

 前のダイビングからまた一ヶ月が過ぎた。地上は初夏の気配だが海の中の変化はどうだろうか・・・。

Dive No.816 (ダイブログより転記)
    2018年4月22日  天気:曇り時々晴れ 気温:26℃ 水温:水面23℃・水底22℃
    風:南南東1  波:ベタ凪  潜水時間:43分  水深:最大22.8m・平均16.7m

 今回もとりあえず5mm裏起毛の冬用スーツとした。恐らくこれがこのシーズン最後の着用となるだろう。幸い気温がそう高くはなかったので陸上でも汗をかくほどでも無かった。
 リーフエッジを出る。今日も透明度悪く海底の砂地が見えない。この海域の透明度はもう慢性的、改善の余地はないのだろうか・・・。 
 潜降、ヨスジの根へ下りる。 前回一匹のだったヨスジフエダイが僅かに増えている。この調子でヨスジの根復活を期待したい。
 壁沿いを行く。3っつのケーブの中はまだ空っぽ、稚魚が群れるにはまだ時期が早いようだ。 壁奥、若いホウセキキントキを見てUターン。 離れ根の棚の下のクリーニングステーション、今日は蝶々さんは留守だ。

 砂地のクマノミカップルへ。 今日は居候を含めてワンショット。
  816-3737.jpg

 ミノカサゴの根へ。 キンギョハナダイの幼魚が少し増えたようだが大きな変化なし。オトヒメ御殿へ。途中の小さな根で若いハナミノカサゴと遊ぶ。

 オトヒメ御殿、未だ連れ合いの居ないクマノミ雌、いい出会いがあるといいねと激励して根を離れる。

 帰路のジュズダマイソギンチャク、前回に増して賑やか、クマノミとミツボシクロスズメダイの幼魚がワサワサ。
  816-3763.jpg

 礁斜面下のキンセンの根、名前に反してキンセンイシモチの姿無し、季節が進めばまた戻って来るのだろうかとちょっと心配。
 斜面のガレ場を上る。例の二階建てさんご、一階の大きさもさることながら二階のサンゴの成長が目立つ。何時か一階に尾居付く大きさになるのだろうか・・・。
  816-3771.jpg

 浮上ポイントへ戻る途中で嬉しい発見、以前マイサンゴとして観察していたが、シロレイシガイダマシ(巻貝)の食害で枯れ果てたミドリイシの一種「acropora valenciennesi」
の若い個体を確認した。順調な成長を見守りたい。
  816-3773.jpg

 斜面のサンゴ畑を堪能しながら浮上、上部のハマクマノミ夫婦に一声かけて浜への水面移動。 例の如く礁原の水面の水の色を楽しみながら泳ぐが、今日はちょっと水位が高いために前回のような海水のグラデーションは今一だった。
  816-3789.jpg

 浜に近付くに連れて一足早い海水浴を楽しむ子供たちの歓声が大きくなる。日曜日でもあり子連れの旅行客で賑わってきたようだ。





ポチっとお願いします
人気ブログランキングへにほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ

nice!(41)  コメント(12) 

Dive No.815  石垣島 米原 [ダイビング]


 前回のダイビングからまた一ヶ月経ってしまった。私のダイビングは午前中だけ、そこにお月様の動きで起こる潮位の関係、満潮のタイミングが重なる時となる訳で、そのチャンスはおよそ月2回となる(いささか天文学的な理由だな~)。
 その月2回のチャンスも天候(波)の都合で一回逃すと丸一ヶ月開いてしまう。今年はそのタイミングが思わしくなく一ヶ月振りが3回も続いてしまった。これも例年にない特徴的な気象のせいだろうか・・・。


Dive No.815 (ダイブログより転記)
  2018年3月24日  天気:曇り時々晴れ 気温:23℃ 水温:水面23℃・水底22℃
  風:北北東1  波:うねり少々 潜水時間:37分 水深:最大22.8m・平均17.0m

 イノーを泳ぎ進む。サンゴの礁原と明るい水面、その間の海水の色が織りなす景色はいつ見ても心が和む。
  815-3701.jpg

 エッジを越え潜降ポイントへ、今日も相変わらず透明度は芳しくない。 潜行してヨスジの根へ、一か月前と変わらずヨスジの姿は見えず、代りにアマミスズメダイが群れるだけ。
 崖を降り壁沿いを進む。 おや、またホウセキキントキが一尾浮いているが前回と同じ個体だろうか・・・。
  815-3703.jpg

 壁の奥まで、途中特に変化なし。 Uターンし砂地のクマノミへ、カップルと小さい居候の3匹としばし戯れる。 イソギンチャクの中で3匹集まるチャンスを待ったがその願いは叶わず、それぞれがストロボを突っつきに来るので敢え無く退散。
 ミノカサゴの根へ、ここにもまだ冬の景色、海の春はまだ遠いようだ。根の上のハタゴイソギンチャクだけが異様に元気。
 オトヒメ御殿へ、途中の砂地でトウカムリ(大型の巻貝)発見、久し振りだ。砂の中に特徴的な太い角?が2本ニョキッと、すぐにトウカムリだとわかる。ちょっと失敬して引っ張り出して写真を撮らせてもらい、またそっと砂の中へ戻しておいた。
  815-3712.jpg

オトヒメ御殿、ここも相変わらずミツボシクロスズメダイの成魚達の縄張り争いが続いている。 おやまたハナミノカサゴの幼魚が。 場所が同じなので前回と同じ個体かな?少し大人びた様子だが胸鰭の付け根の様子が似ている。
  815-3718.jpg

 帰路、ジュズダマイソギンチャクへ。 以前よりたくさんのチビクマノミがフリフリダンス、以前と大きさの変化が無いのでここの幼魚は順次入れ替わっているようだ。
  815-3723.jpg

 いつものコースで礁斜面へ、 若いサンゴ畑を上り最後に斜面トップのハマクマノミを探したがイソギンチャクの姿も見えない。どうしたことかとウロウロしていると岩の窪みからハマクマノミが顔を出した。その穴の奥にイソギンチャクの姿も・・・、イソギンチャクになにか異変が起こったのかな? 
  815-3727.jpg

 浮上、ウネリに押されながら泳ぎ帰る。 浜にはチラホラと海遊びの人の姿が・・・、まあ海開きも過ぎたことだし天気もまずまず、でもまだちょっと水温が低いのでハダカではさぞ寒かろう・・・、でも子供たちは関係ないみたい。




 今回の写真、どうしたことかストロボが発光していないまま撮り進んでしまった。途中で気付きセッティングを確認すると、なんと電源スイッチがOffになっていたのだ。 一カ月ぶりでのうっかりミスだな~、気の緩み? 気をつけなければ・・・






ポチっとお願いします
人気ブログランキングへにほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ

nice!(38)  コメント(10) 

Dive No.814  石垣島 米原 [ダイビング]



 またまた一カ月ぶりです。なんだかんだ言ってもやはり2月も半ばを過ぎると春めいた日が時々現われるようになってきました。 前線が南下してくる前のチャンス、天気も上々こんな日は海に行くしかない・・・。


Dive No.814 (ダイブログより転記)
  2018年2月20日  天気:曇り  気温:25℃  水温:水面22℃・水底21℃   風:東1  波:うねり微 潜水時間:35分 水深:最大22.8m・平均17.3m

 家でウエットスーツに着替え車でビーチの駐車場へ、機材を装備してビーチへ歩く途中、ほんの20m程で額に汗が・・・。しかしビーチから泳ぎ出すと首筋から浸みこむ水の冷たさが身に浸みる、水温22℃、まあこれも一時の辛抱、すぐに馴れる。

 水温は前回(一月前)と変らず、イノーの魚達もいつものように活発に活動している。
 リーフエッジを越えドロップオフを潜降、ヨスジの根へ下りる。 やはりヨスジの群は見当たらず、根の影にチラホラと数匹淋しそうに漂っているだけ。

 壁沿いを奥へ進む。しかし魚影は少なく、いつもの所にいつもの魚が・・・といった様子で変わらず。 奥の広場でUターン、砂地のシライトイソギンチャクのクマノミへ。 カップルと居候の若いのが前と同じように迎えてくれた。

 ミノカサゴの根へ、変化なし。 オトヒメ御殿へ、ここの住人?も前と変わらず。ジャニーズ系クマノミもまだ一人で相棒との巡り合いを待っているようだが、住いにしているサンゴイソギンチャクだけはかなり大きく育っていた。
  814-3669.jpg

 帰路へ、ジュズダマイソギンチャクも元気な様子、寄り添う豆クマノミは10匹程に増え可愛く尻尾フリフリ・・・。
  814-3673.jpg

 エッジ下、ガレ場を上りサンゴ畑へ。 まん丸サンゴ・二階建てサンゴ等それぞれが元気にまた一回り大きくなっている。
  814-3678.jpg

 最後に斜面トップのハマクマノミに挨拶して浮上、水面からビーチを眺めあそこまで一泳ぎ・・・覚悟を決め泳ぎ出す。 イノーの魚達を眺めて気を紛らわしながらゆっくり帰ろう・・・。

 渚手前のクロソラスズメダイ、相変わらず海藻の畑仕事に余念がない。オイ、邪魔だ!早く失せろ!とばかりに睨まれた。
  814-3695.jpg



 地上は何となく春めいてきたようだが海の中はまだ冬の真っ最中、魚の種類も活動の変化はまだ特には現われていない。 今冬は例年になく低気温の日が多かったが、この後の気象の変化・海中の変化がどんなものか興味深く見守りたい。




ポチっとお願いします
人気ブログランキングへにほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ

nice!(35)  コメント(8) 

Dive No.813  石垣島 米原 [ダイビング]



 11月8日以来かな・・・実に2カ月半ぶりにやっとチャンスが巡って来た。別に体調を崩したとか忙しかった訳ではない、単に海の状況が厳しくて行くに行けない状態が続き、家で海を眺めながら悶々としていたのである。満を持してのダイビング、さて2カ月半を経て海の中は如何に・・・。


Dive No.813 (ダイブログより転記)
    2018年1月21日  天気:曇り  気温:23℃  水温:水面22℃・水底22℃
    風:東1  波:うねり少々 潜水時間:37分 水深:最大23.4m・平均17.7m

 今シーズン初めての5mm裏起毛のスーツ、泳ぎ出した途端首筋から背中に入る冷水に思わずたじろぎ改めて首のシールを締め直す。 久し振りに見るイノーの海底だがいつもの魚達は水温の変化もなんのその、以前と変わらない様子だ。

 潜降、ヨスジの根を俯瞰するがヨスジの群は見当たらない。根の横へ下りるとたった一尾だけ淋しげに漂っていた、お留守番?
  813-3578.jpg

 壁を奥へ進む。 穴の中の孤高のアカマツカサは健在、更に奥へ進むと壁から離れ逃げる魚影一つ、あのスジアラだろうか。 奥の広場の大岩の横には相変わらずのチョウチョウコショウダイの姿が・・・。 この光景は2.5ヵ月経っても何ら変化していない。
 
 Uターンし壁際のシライトイソギンチャクへ。 ここのクマノミカップルとチビクマノミも相変わらずの様子、繁殖活動は上手く行われたのだろうか・・・。
  813-3589.jpg

 ミノカサゴの根へ。 魚影が少ない閑散とした冬の光景、流れに揺れるハタゴイソギンチャクの触手の間をカクレクマノミが見え隠れする様子も以前と変わらず。

 オトヒメ御殿へ。 ミツボシクロスズメの成魚達、ジャニーズ系クマノミも以前と変わらず、岩陰のナガレバナサンゴのベッドに豆粒のミツボシクロスズメ一尾が寄り添っている。

 帰路、例のジュズダマイソギンチャクを探す。以前のようにミツボシの幼魚が取り付い
ていないので探すのに手間取った。 もぬけの殻か?と覗くと、やはりここにも米粒大のクマノミ幼魚が数匹へばり付くように隠れていた。 

 さてここから、前回は方角を誤り迷った先で見つけた小さな根、記憶を辿って確信を得た場所へ進むとズバリ当り! アカモンガラに白化イソギンチャクとクマノミの根、そう今後アカモンガラの根と名付けよう。
  813-3609.jpg

 そこからも迷うことなくいつものコースへ戻り浮上開始。 ガレ場を進み徐々に深度を上げる。 崖下のまん丸サンゴ辺りを観察、例の二階建てサンゴだが、上に乗ったサンゴが随分大きくなっており、このままどのようになるのか益々興味が湧いてくる。
  813-3620.jpg

 斜面を上り益々見栄えを増すサンゴ畑を眺め、斜面トップのハマクマノミカップルを訪問し浮上。

 礁原を泳ぎ出すが、ウネリが強くなり波頭が崩れ泡立つ中、身体を煽られバランスがとれない、予期していなかった波にいささか緊張、必死で礁原を泳ぎ帰る羽目に・・・、浜に泳ぎついて思わずため息、疲れた~!






 2カ月半を経て海の中も多少の変化を予想したが意外にも以前と変らない様子にいささか拍子抜け、しかしリーフエッジの若いサンゴ達が益々元気に成長している様子は今回一番の収穫だった。 最近の新聞報道にもあったように石西礁湖のサンゴ白化率が高まっているとのことだったが、ここ米原のサンゴに関しては問題無し、このことを大声で叫びたい気持ちだ。
 

ポチっとお願いします
人気ブログランキングへにほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ

nice!(43)  コメント(8) 
前の5件 | - ダイビング ブログトップ