So-net無料ブログ作成
ダイビング ブログトップ
前の5件 | -

Dive No.812  石垣島 米原 [ダイビング]



 冬の季節風が吹き始めるようになりこのところ頻繁に海況が変わる。潮時から日程を予想していても上手くタイミングが合わないことも多くなる。ここ数日北風で思わしくない波が来ていたが、一カ月ぶりなので何とか・・・との祈りが通じたようでまずまずのコンディションで迎えてくれそうだ。


Dive No.812 (ダイブログより転記)
 2017年11月08日  天気:曇り時々晴れ 気温:29℃ 水温:水面25℃・水底25℃
 風:南1  波:うねり少々  潜水時間:50分  水深:最大24.1m・平均19.5m

 一か月ぶりだから・・ということではないが今回はハナからドジを踏んでしまった。駐車場で機材装着し浜へ下りるが何となく腰が軽い、なんとウエイトベルトをしていないのだ。 機材を浜に置いて駐車場に戻って・・・、しかし車の中にも無い、ということは家に置き忘れ? 仕方なく急いで家に戻る羽目に・・・。往復3分で済むからできたことではある。

 いざ海へ、さすがにこの時期になると水温はかなり下がり全身を浸けると首筋から入り込む水の冷たさに思わず首を窄めたほど・・・。まあしかしイノーの魚達は以前と変わらず活発に普段の営みを続けていた。

 今日もポイント上には先客のボート、エントリー準備中の客と挨拶を交わしお先にと潜降。 昨夜の雨のせいか外洋も透視度は悪い。 ヨスジの根に着き根を一周するもどうしたことかヨスジの姿は全く無し、他の根付きの魚達はいつもの通り居るのだが・・・。
 
 壁際を奥へ進む、いつものオニハタタテダイが一尾だけの賑やかさの無い風景、
  812-3545.jpg

奥で折り返し例のシライトイソギンチャクのクマノミをチェック、カップル+チビ一匹で変わりなし。
  812-3547.jpg

 ミノカサゴの根も既に冬のたたずまい?か、トップのハタゴイソギンチャクも三割方縮んで元気なく、住人のカクレクマノミも居心地が悪そうだ。 
  812-3558.jpg

 オトヒメ御殿へ、相変わらずミツボシクロスズメダイの成魚が席巻している。そしてあのジャニーズクマノミはいまだ連れ合い見つからず、いつまでこのままでいつづけるのかな・・・。

 帰路、ジュズダマイソギンチャクを探すが前回のような目印のミツボシクロスズメの幼魚の群は無い、なんとか探しだすと僅かに4匹だけが残ったいる状態だった。
  812-3565.jpg

 とここまでは通常のコースを辿って来たがこの先ちょっとしたトラブルが・・・というか以前に踏んだ轍をまたまた踏んでしまったという情けないことに・・・。

 視界10m、目標が定まらないなか、安易に岸の方向だと決め付けて進んだのだが予想した目標の根がなかなか現れない、ちょっと方角を修正して進むが益々解らなくなってきた、おかしいなとコンパスを眺めるがまたもや判断力減退で頭が混乱するばかり、嗚呼またやってしまったと最後の手段、緊急浮上して方角を確かめることに・・・。

 浮上して例の先客のボートの位置を確かめて再び潜降しえっちらおっちらコンパスの針を眺めながら中層を泳ぐ。礁斜面が見えてヤレヤレ、タンクのエアーを使い切り情けない気持ちで浜へ泳ぎ着きドット疲れが・・・、何故帰る方向を見誤ったのかあれやこれやと考えるも後の祭り、以前の教訓を忘れて安易な行動をしてしまったことを重ねて反省するしかない・・・。

 そんなことで、礁斜面の若いサンゴの成長具合を確認することも、斜面トップのハマクマノミヘの挨拶もできず、頗る後味の悪い中途半端なダイビングになってしまったことを悔やむばかり。



 今回はドジに始まりこのドジで終わるという情けないダイビングとなってしまった。二度あることは三度?にならないように・・・これを機にちょっと気の緩みを引き締めなければ・・・。




ポチっとお願いします
人気ブログランキングへにほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ

nice!(39)  コメント(12) 

Dive No.811  石垣島 米原 [ダイビング]



 朝生きて海側の窓を開け暗闇から聞こえる波の音に耳をそばだてる。昨日よりはかなり静かになっているようだ。少し明るくなり微かに見えるリーフエッジの波を見る。時々白波が立つがリーフ越えには問題なし、予定通り決行・・・。


Dive No.811 (ダイブログより転記)
  2017年10月09日  天気:晴れ時々曇り 気温:32℃ 水温:水面29℃・水底28℃
  風:東3  波:うねり少々  潜水時間:44分  水深:最大23.1m・平均18.3m

 三連休の最終日、観光客の出足は早い。ビーチは朝早くから賑わいをみせている。東寄りのやや強い風と沖合からのウネリが渚を洗う中沖へ泳ぎ出す。 イノーの水中視界は良くないしリーフエッジを越えても濁りが消えない。あまりにも安定した気候続き、海水の入れ替えがなされないまま沖合まで濁り水が滞留したままなのだろう。魚達の活動はこの濁りも関係ないようでいつも通り活発だ。

 今日も先客のボートがいる、その脇から潜降するが、ダイブを終え船上に上がったゲストたち、水面を泳ぐ私を見つけ、他にボートはいないしどこから来た?と不思議そうな顔で眺めていた。

 潜降、先ずはヨスジの様子を伺う。根の上に小ぶりの一団が・・・、根の下には大型の集団が分かれて群れている。世代ごとに住み分けしているようだ。
  811-3484.jpg

 壁を降りて奥へ進む。隈なく穴を探すが目的のスミレヤッコ姐さんの姿は無し。Uターンし、クロユリハゼのペアーに挨拶、砂地のクマノミカップルも相変わらず威勢よく出迎えてくれるが、まだ産卵の形跡なし。

 その脇の小さいトゲサンゴには細かいフタスジリュウキュウスズメダイの幼魚が前にも増して数を増やしてサンゴを出入りしている。
  811-3500.jpg
 
 ミノカサゴの根へ、細かいスカシテンジクダイ幼魚が根を覆うように群れている。根の穴には白地に黒い斑点のウツボのお腹が見える。かなり大きいニセゴイシウツボだ。頭が見えないのでそのお腹を指でツンツン、ピクット動いた。別の穴を覗くとその頭が、口を半開きにして喘ぐように、鋭く細かい歯を覗かせて呼吸している。

 オトヒメ御殿へ、いつものように白く変色したミツボシクロスズメダイの老成魚達が派手に迎えてくれるだけ、特に変化なし。

 帰路、ジュズダマイソギンチャクへ、前回と同じ小さなミツボシクロスズメダイの幼魚の固まりでその在処はすぐに分かる。 黒い軍団に紛れてこれまた小粒のクマノミ幼魚が一匹、お尻フリフリで健在。
  811-3509.jpg

 キンセンの根へ、殺風景の根の片隅にここもまたなりの数の細かいキンセンイシモチの幼魚が群れる、キンセンの根もこの先安泰のようだ。

 ガレ場を上りサンゴチェック、水深10m辺りの若いサンゴは益々元気、ほんの僅かな成長でもざっと見渡した時、前回と明らかに違う景観を見るようでしばし見惚れる。計測の対象としているまん丸サンゴも見劣りがするようなサンゴが辺り一面に増えてきているよう、メジャーで測ってみるにも目移りがする位だ。

 最後に斜面トップのハマクマノミに挨拶、ウネリに大きく揺らぐタマイタダキイソギンチャクの中でいささかモミクチャの体だがこれが彼等の普段なのだ。

 浮上し礁原を泳ぐがウネリで左右に揺られ方向が定まらない。礁原に暮らす魚達もウネリに任せ行ったり来たり、乗り物に弱い人なら完全に船酔いだろう。魚達も船酔いしそう・・・なんてそれは無いよね。





 折角の連休に天気は上々でもあるのに、渚辺りの濁りはすこぶる悪くマスクを着けて水中を覗く観光客にはもっと海の中を楽しんでもらいたいのになんとも気の毒だ。いつもはこんなじゃないんだよって慰めてあげたい気持になる。




ポチっとお願いします
人気ブログランキングへにほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ

nice!(38)  コメント(8) 

Dive No.810  石垣島 米原 [ダイビング]



 高温で安定した天気の連続、海水温の上昇が気掛かりなところ台風18号の接近、しかしこーすが宮古島の東を通過で肩透かしの感、しかし海は荒れていたので多少の影響をのこしてくれたかな? 今回はその確認を・・・

Dive No.810 (ダイブログより転記)
   2017年9月24日  天気:晴れ時々曇り 気温:33℃ 水温:水面29℃・水底28℃
   風:南0.5  波:ベタ凪  潜水時間:45分  水深:最大23.1m・平均17.7m

 今日もポイント上に先客のダイビングボートが一隻、日曜日の今日帰る客の為に早出をしているのだろうか、海の中をあまり掻き回さないでくれよと願う。

 イノーを進む、台風の影響は無かったようだ。礁原の魚達もいつもと変わらぬ様子だ。先客のボートの脇から潜降、下から細かい泡の固まりが次々に上って来る。早く上がって来いと願いながらヨスジの根に降りる、とりあえずヨスジに挨拶、また違うのが来たか~とあきれ顔に見えたのは気のせいか・・・。
  810-3414.jpg

 先客のパーティを脇目に壁の奥へ進む。と壁の奥ドン詰まりの下に先客の別パーティが潜り込んでいる、いったい何をさがしているのだろう。 こちらはスミレヤッコ姐さん、彼等は関心が無いのかな? それならそれでいい・・・。 壁の穴を出入りするスミレヤッコ姐さん、カメラで狙うも暗いのでAFが効かない、やはり補助光を考えた方がいいのかな~。

 奥の広場のクリーニングステーションには町長さんの他に大型おヒメジが数匹クリーニング中、さて何ヒメジかな?
 折り返してコースを進む。シライトのクマノミカップルと遊ぶ。特徴のある尾びれのオスを観察、尾鰭に変化は無し。 オスメス威勢はいいが子作りはまだのようだ。

 ミノカサゴの根へ。根に近付くと向こうから先客のパーティが来たのでちょっといいカッコをして見る、腕でどうぞのジェスチャーをするとガイドの女性が大袈裟にお辞儀、よしよしとその場を去り先へ急ぐ。

 オトヒメ御殿へ。 暫定の主であるハナミノカサゴは健在、相変わらずの舞いを見せてくれるので撮らない訳にはいかない・・・。
  810-3432.jpg

 根の周りの砂地にはダイバーがはいずり回った跡がくっきり、案の定ナガレハナサンゴをツンツンしたようで一部のポリプが引っ込み骨格がむき出しになっている。無闇にツンツンするのはよそうよ~!と叫びたい。
  810-3436.jpg

 根を離れてジュズダマイソギンチャクへ。 目印が見つからない、見当をつけて周りを見渡すと、細かいミツボシクロスズメの幼魚が集っているその下にジュズダマが在りました。移動したのかな? 様子の変化に驚くが健在を確認できたことでヨシとする。

 キンセンの根へ。 リーフ近くで底揺れがあったためかここの小魚は殆ど飛ばされてしまったようで何も居ない状態、ガレ場へ進み浮上へ・・・。 元気に成長をている若いテーブルサンゴ、見るたびに一つ一つがその存在感を増して華やかなサンゴ畑の様相を呈してきているのは嬉しいことだ。

 ミニアーチのミズイリショウジョウに乗っかるサンゴ、台風のウネリのせいか半分が欠け落ちてしまっていた、残念!
  810-3458.jpg

 サンゴが折れた原因、まさか人為的ではないよね、ミニアーチの淵にあるから、台風のウネリによりアーチを出入りする激流に逆らえず折れたのかだろう等と考えながら斜面を上る。斜面のサンゴには影響はなかったようだ。最後にハマクマノミのカップルのご機嫌を伺い浮上。

 礁原からイノーへ、無数の魚達の普段通りの生活を見て楽しみながら泳ぐ。 ビーチ手前の砂地に揺らめく光の波紋が綺麗だ。
  810-3480.jpg



 やはり遠くを通過した台風の影響はさほどなかった。 それでも海水面が騒いだおかげで水温がやや下がってくれたことで、今年のサンゴ白化の心配は無くなったとみていいだろう。ただ透明度の改善には繋がらなかったのがちょっと残念・・・。





ポチっとお願いします
人気ブログランキングへにほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ

nice!(38)  コメント(10) 

Dive No.809  石垣島 米原 [ダイビング]



 朝起きて2階の窓から眺める海、今日も鏡のように空の雲を写しベタ凪、天気も上々で申し分無し、気持ちは逸るがさて海の中は如何に・・・ 


Dive No.809 (ダイブログより転記)
 2017年9月10日  天気:晴れ時々曇り 気温:33℃ 水温:水面30℃・水底29℃
 風:南0.5  波:ベタ凪  潜水時間:43分  水深:最大23.1m・平均18.3m

 暑く天気は上々だが9月ともなればビーチの観光客も若干減ってきたようだ。
 イノーの中程、穏やかな水面に粉を撒いたように汚れが浮く中を泳ぐ。まともに頭でその汚れを割くことになるのでいささかいい気持ちではない・・・が水中で頭を洗えばいいか。
 先客のボートを脇目に潜降、先客は丁度浮上の途中のようだ。根の脇に固まっているヨスジにご挨拶、なんだお前か・・・と普通どおりに迎えてくれた。
  809-3351.jpg

 根の脇に生えるムチヤギをチェック、ダメもとでガラスハゼの撮影に挑戦、チョロチョロヤギの表面を往ったり来たり、裏側に隠れたり、それを中性浮力でバランスを取りながらの撮影なのでイライラ度は最悪、早々に切り上げる。

 空っぽのケーブを覗き壁を奥へ、そろそろ現われてもいいものだがと壁を舐めながら進む。何となく予感があったのだが・・・居ましたよ!スミレヤッコ、暗い窪みになにか青い筋が見えた気がしたので注意してみるとまさしくスミレヤッコ、3cmくらいの幼魚だがやっと戻って来てくれた、嬉しい限り。撮影を試みたが叶わず・・・。

 壁奥の広場で折り返す、久しぶりに町長さんを狙う。
  809-3361.jpg

 クロユリハゼ、砂地のクマノミカップルを経てミノカサゴの根へ。トップのイソギンチャクの中をカクレクマノミがチョロチョロ、大きくなったスカシテンジクダイが根を覆う様は綺麗だ。時に突然激しく動くのはカスミアジの突入のせいだ。
  809-3375.jpg

 オトヒメ御殿へ、ここにも細かいスカシテンジクダイが固まりを作る。前回確認したハナミノカサゴの若魚が健在、一心不乱?にスカテンを狙っている。その横に少し小型のハナミノがもう一尾加わっている。
  809-3382.jpg

 根を離れ帰路へ、ジュズダマイソギンチャクを覗く、前回はチビクマノミだったが今回はチビミツボシクロスズメダイが一尾ポツンとシッポフリフリ・・・。

 キンセンの根を経てガレ場を上る、特に変化なし。まん丸サンゴを確認し浮上地点へ。ふと残圧を見ると30気圧を割っている、どこかでのんびりし過ぎたようだ。礁斜面の元気なサンゴを見ながら浮上、最後に斜面上部のハマクマノミカップルを覗いて浮上、静かな水面下、色々な魚達の平和な生活ぶりを眺めながらゆったりと泳いで帰る。






 ビーチの近くで遊ぶ観光客の大半は海に浸かることだけを楽しんでいるように見える。そんな彼等にはこの米原の海をどれだけ感じてもらえたのだろうか。 恐らく米原でなくてもいい、本島でも慶良間の海でもどこでも変らないのだろう・・・。浮輪につかまりサンダル履きでバチャバチャ泳ぐだけで水面下の魚達の存在も関係無し・・・。遠くはるばるとやってきた海と湘南の海、水面の上で見える風景の違いだけの海、それで満足するだけではもったいないですよ・・・と一声かけたくなるのです。
 



ポチっとお願いします
人気ブログランキングへにほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ

nice!(42)  コメント(6) 

Dive No.808  石垣島 米原 [ダイビング]



 連日安定した猛暑、凪の海、夏休みも終盤、海水浴客には申し分ない状態だが当方としては別の心配事がある。 ある程度の海水温の上昇は覚悟しているが租お中での海の生物への影響は如何に・・・。


Dive No.808 (ダイブログより転記)
    2017年8月26日   天気:晴れ 気温:33℃ 水温:水面30℃・水底28℃
    風:南東0.5  波:ベタ凪 潜水時間:44分 水深:最大23.1m・平均17.7m

 ダイコン良し! 今日は浜に忘れ物をしないように指差し確認、多くの海水浴客を横目に泳ぎ出す。イノーの水温は思ったほど上っていないようだ。 水底の小さいサンゴの様子をチェックするが所々に何となく白く見えるサンゴがあるがその広がりは思ったほどでも無いようだ。

 礁原の魚達もいつもと変わりない様子。 外洋は相変わらず見通しが悪い。 その中に立派な体型のグルクンが元気よく餌を探し乱舞している。

 潜降、見通しが悪い中、根の上部中程から見下ろしヨスジの群の位置を探る。今日はかなり若い小型の群だが数は多い。
  808-3274.jpg

 壁を下り奥へ・・・、二つのケーブの小魚は殆ど拡散してしまっているが、奥のケーブの片隅に次の世代の細かい幼魚の群があった。

 壁奥で折り返しコースを進む。クロユリハゼのペアーにあかんべ~と軽くあしらわれ、シライトのクマノミペアへ、手前で眺めると二匹ともイソギンチャクから離れ泳いでいる、ということはまだ産卵の気配なし。

 その先のフタスジリュウキュウスズメダイの宿、トゲサンゴの枝先が僅かに白くなっている。やはり白化には特に弱いサンゴ、水温29℃ながらこの環境が長引く中、影響が出始めているようだ。
  808-3285.jpg

 ミノカサゴの根、根を覆うスカシテンジクダイ、成長して存在感が増している。そしてその後ろにはあのハナミノカサゴが迫る。
  808-3289.jpg

 オトヒメ御殿、ここにスカテン幼魚の群に覆われている、そしてハナミノカサゴも・・・、喰うもの喰われるものの共演?はここにも・・・。

 根の端にはデッカイドクウツボが顔を出している。顔に似合わないチッコイまんまる目をとカメラを向けていると、その顔の下にオトヒメエビ、ウツボが見えているのかどうか、どんどんウツボの口の下へ進んでくる。 もしかしたら修羅場を見ることになるかと思ったが先を急がなければならないのでその場を去る。
  808-3300.jpg

 ジュズダマイソギンチャクを確認、今日も小さいクマノミ幼魚一尾のみ。 キンセンの根を経てガレ場を上る。 まん丸サンゴ、三段飾りサンゴを見て浮上ポイントへ。 この辺りの若いサンゴ群にはまだ白化の兆候は見られず、ひとまず安堵。

 斜面トップのハマクマノミペアーを見て浮上、以前と変わらない海中の様子を確認できひとまず安心、今日は浜へ泳ぐ気力は充分、ゆったりとした気分で賑やかなビーチを目指し泳ぐ。




 特に変らない海の様子、しかしこの先もまだしばらくは安定した真夏日が続く予報でもありまだまだ安心できない。 暦では秋ということだが、海の中の秋はまだまさ先になるのか、台風も今のところ遠慮がちだが、そろそろ一発期待したいところでもある。



ポチっとお願いします
人気ブログランキングへにほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ

nice!(42)  コメント(10) 
前の5件 | - ダイビング ブログトップ