So-net無料ブログ作成
イソギンチャク ブログトップ
前の5件 | -

海のアイドル(1682) 石垣島 米原オトヒメ御殿 [イソギンチャク]


今日のアイドル「あの時のジュズダマイソギンチャク」
2017.04.16 石垣島 米原オトヒメ御殿脇

  801-2883.jpg

Dive No801の記事に載せたジュズダマの惨状(こちら)ですが
その後気を取り直してジュズダマ本体の状況を観察しました
本来より1/3程の大きさ、10cmφ位に縮こまっていますが
なんとか生命力は残っているようです

ジュズダマの触手は委縮していますが地肌の縞模様はくっきりと
伸びやかさはないもののじっと耐えている様子に見えます
そんな状態であることを知ってか知らずかクマノミの幼魚達
1cm程の大きさだが何時までここに寄り添って居られるかな~

一ヶ月後の前回ダイビングで状況の観察をしたが
ジュズダマの大きさには変化なく委縮したままの形
このままでは大きくなるクマノミとの共生関係が維持できるかが心配













 最近脚光を浴びている大型クルーズ船の石垣寄港、今月(5月)は9回予定されていました。一回は悪天候で欠航となったようですが、今日(30日)今月最後の「ダイアモンドプリンセス」が予定通り寄港しました。 全長290m 総トン数115,875トン 乗客定員2,706人・・・と数字を並べただけでは想像できないので見に行きました。

 ただ興味本位で見に行った訳ではなく、実は今回のクルーズに従妹が参加乗船していたからです。7時入港、これ位大きな船が接岸できる施設が整っていないので沖に停泊しテンダーボートで順次上陸となるのですが、その時間を見誤ってちょっと早く出迎えに車を走らせてしまいました。

 途中でご本人から連絡が入りこれから船内で朝食を済ませてからテンダーボートに乗るとのこと、まだ3~40分かかりそうとのこと、ならばちょっと高い場所から船を眺めてみようと市内外れの高台にある展望台へ上がってみました。

 居ましたね~、上陸する桟橋からかなり外れた場所、石垣と竹富島の間ダイアモンドプリンセス.jpgにデンと構えていました。後の竹富島が余計に小さく見えます。 ハエの様な小さなテンダーボートが乗客をピストン輸送しています。これでは上陸するにも時間がかかるでしょう、朝食を採ってからゆっくり乗船さもありなん・・・です。                (クリックして大きい画面でどうぞ・・・)

 テンダーボートに乗船したとの連絡を受け港へ向かいました。次々と上陸してくる客層は意外と普通おじさんおばさんのグループが多いようでした。時間と心の余裕が整えば手軽に参加できるようになったんですね~。

 その後従妹とお友達を我が家にお呼びして、近くのビーチでひと泳ぎ、餌付けされたお魚と戯れたあと我が家で昼食歓談、予定の3時に港へお送りし慌ただしい石垣滞在が終わりました。 船はこの後台湾へ向け出港、帰りには那覇に寄って神戸帰港となるそうです。





ポチっとお願いします
人気ブログランキングへにほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ

海のアイドル(1667) 石垣島 米原礁斜面 [イソギンチャク]



今日のアイドル「白化イソギンチャクとクマノミ」
2017.03.18 石垣島 米原礁斜面

799-2764.jpg

通常のコースからちょっと外れた礁斜面のシライトイソギンチャク
水深5mと浅い場所のためか白化からなかなか回復しない
それでも部分的には薄っすらと色が戻ってきているようだ

ここの住人であるクマノミのカップルは相変わらず元気な様子
厳しい環境の中でも懸命に生き抜いてきた
まあ彼等のおかげでイソギンチャクも生気を取り戻したのだろう

イソギンチャクとクマノミの共生関係については
相利共生かそれとも片利共生なのか、いろいろな説を聞くが
難しいことを考えるより、どちらも元気ならどっちでもいいや~













 今年のパッションフルーツ、4月10日に開花した一番花の実ですがここまで大きくなりました、ちょうど鶏の卵くらいでしょうか。
                    (クリックして大きい画面でどうぞ・・・) 2017初パッション.jpg
 その後も順調に開花し毎日複数の授粉作業を行っていますが今日は一番多く開花しなんと10個も・・・、しかし今日はあいにく前線の通過でお昼前後に大雨となりましたので、このような中での授粉は着果率は下がると思います。

 一番果がここまで大きくなるとそろそろ鳥等による被害対策を考えねばなりません。目敏い鳥たちの目に留まる前にと袋架けの準備、ああ、袋が足りなくなりそう、要手配・・・かな?





ポチっとお願いします
人気ブログランキングへにほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ

海のアイドル(1633) 石垣島 米原礁斜面 [イソギンチャク]



今日のアイドル「シライトイソギンチャク」
2017.01.04 石垣島 米原礁斜面

795-2542B.jpg


コースから外れた礁斜面上部にあるシライトイソギンチャク
水深5m、周りのサンゴも殆ど白化し死んでしまいました
イソギンチャクは白化しても死には至らないようですね
ガレキの中にひと際白く長い触手をユラユラ揺らしています

白化する前は周りに溶け込んで探すのが厄介だったのです
ここに住むクマノミが威嚇しようと出てくる姿を見付け
やっとイソギンチャクの場所を確認するという状態でした
いまでは遠目にも白く目立っているので探すのは容易です

ここの住人クマノミ、デカイのとチビとの2匹のみ
新しい住人が加わるには少し厳しい環境なのかな













 もう何年も前のことですが道端に生えていた斑入りのゴムの木、家でも育ててみようと枝を一本いただきました。ご存知の方も多いと思いますがゴムの木はとても生命力が強く枝を土に挿すだけ発根し成長するのです。

 我が家では庭でかなり大きな鉢で育てていたのですが、一昨年でしたか台風対策の為にその植木鉢を動かそうとしたら動かないのです。無理やり鉢を動かすと下の穴や鉢の上からとび出た根っこが地面にしっかり食い込んでいたのです。

ゴムの木.jpg このまま放っておくと厄介なことになるかも・・・と地植えにする事にしました。庭の一角、シンボルのトックリヤシの隣にとスコップで穴を掘り始めたのはいいのですが、外に放りっぱなしにしていたスコップが5cmも掘ったところで木製の柄が根元からポッキリ折れてしまったのです。代りのスコップも無いでそのままブレードの部分だけで手で掘り進みなんとか鉢と同じ大きさの穴を開ける事が出来、無事移埴了となりました。           
                       (クリックして大きい画面でどうぞ・・・)
 普段使わない物でも雨ざらしはだめだよ! 道具は大事にしなければ・・・と改めて気付かされました。



ポチっとお願いします
人気ブログランキングへにほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ


海のアイドル(1623) 石垣島 米原礁斜面 [イソギンチャク]



今日のアイドル「ジュズダマイソギンチャクⅩⅩ・・?」
2016.12.19 石垣島 米原オトヒメ御殿脇

794-2485.jpg


これまた毎度お馴染みのジュズダマイソギンチャクです
いつもはここに住まう幼魚達の背景で脇役に徹していましたが
今日は自然の造形美に焦点を当てて主役になってもらいます

ライティングがおかしい画像をレタッチしていて見付けました
個体の中心部分の肌の縞模様にいつも惹かれているのですが
小さい幼魚のアップではこの縞模様の全体像が見えないのです

この画像、近からず遠からずの距離でちょうど良かったかな
周りのタコ足みたいな触手の配置もいいし・・・
中央左の窪みに幼魚が一匹だけ隠れていますよ

ただ、縞模様の乱れがちょっと不満です
以前はもっと綺麗に整っていたのですが~
いつぞやの災難(幼魚盗獲事件)の傷跡なのでしょうか













 暖かく晴れた日、マクロレンズの被写体を探して庭へ・・・。 敢えて撮るほどでもないのですが花壇に蔓延るムラサキカタバミの花で試してみました。
                          (クリックして大きい画面でどうぞ・・・)
ムラサキカタバミ.jpg ムラサキカタバミ、あのクローバーの親玉のような三つのハート形の葉っぱ、所構わず出てくるので摘まんで引っ張っても細い茎がすぐ切れる厄介な雑草です。地面の中にプックリ膨らんだ地下茎がありこれを取り除かない限り次々に現れますね~。

 環境省の要注意外来種に指定されているようですが、この花自体は可愛いものです。褒めてあげるから花壇を埋め尽くすように繁茂するのはほどほどにしてちょうだいね・・・。



ポチっとお願いします
人気ブログランキングへにほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ

海のアイドル(1596) 石垣島 米原礁斜面 [イソギンチャク]



今日のアイドル「タマイタダキイソギンチャク」
2016.10.20 石垣島 米原礁斜面

790-2247.gif

毎度お馴染みの礁斜面上部のハマクマノミですが
今日はその宿「タマイタダキイソギンチャク」のネタです

マイポイントコースには4つのイソギンチャクがあります
二つは深場に、残る二つは浅場にあります
浅場の一つは一昨日記事にした真っ白なシライトイソギンチャク
そしてもう一つがこのタマイタダキイソギンチャクです

両者とも水深5m前後、白化の環境としては最悪のポジション
その周りのサンゴはことごとく白化しておりました

しかしこのタマイタダキは白化には強いんでしょうか
触手の先の玉が多少白くなっているようですが
一昨日のシライトと比べると色の変化は大して見られません

この時点から環境が好転し白化の進行は止まりました
先日(11/08)のダイビング記事に最新の様子を載せましたが
このタマイタダキは大方元の姿に戻ったとみていいでしょう













 14日のスーパームーン、前宣伝が効いて何時になく気になっていました。なんでも68年ぶりに満月で地球に大接近、普段より大きい月が見れるとのこと。

スーパームーン.11.12.gif 12日はまた夏に逆戻りしたような晴天、夕方になっても雲一つない空、西に日が落ちる頃東の山の上にポッカリと白い月が昇って来ました。 満月には早いけどその当日の天気がいいとは限らないので暗くなるのを待ちカメラを構えました。
                   (クリックして大きい画面でどうぞ・・・)
 普段は何となく見過ごしているお月さん、たまにこうして一番身近な宇宙を見てみるのもいいもんだな~っと、むしゃくしゃした気持ちが和らぎ少し前向きになれたような・・・、明日はまん丸なお月さんが見れるかな~?




ポチっとお願いします
人気ブログランキングへにほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ

前の5件 | - イソギンチャク ブログトップ