So-net無料ブログ作成
検索選択

Dive No.799  石垣島 米原 [ダイビング]



 今回も予定した日に合わせて海況が落ち着いてくれた。おまけに太陽が時々顔を出すまずまずの天気だ。昨日のフィットネストレーニングの疲れがあるがこのタイミングを逃す手はない。


Dive No.799(ダイブログより転記)
 2017年3月18日  天気:晴れ時々曇り 気温:26℃ 水温:水面22℃・水底22℃
 風:南1  波:ウネリ微  潜水時間:42分  水深:最大22.8m・平均17.0m

 お彼岸の連休初日、天気も良いので人出も早い。浜に出て沖合を観ると既にダイビングボートが一隻、既にお出ましだ。 初めての客にはあまりお勧めできるようなポイントではないと思うのだが、ショップとしてはここも数のうちに入れなければスケジュールが立たないのだろう。

 ポイント上に着くと下から湧き上がるダイバーの排気の音が騒がしい。透明度悪く見通せない海底から幾筋もの泡が・・・、いったい何名いるのか、とにかくかなり大勢のグループのようだ。

 とりあえず潜降、ヨスジの根に着くがヨスジの群が疎ら、大勢のダイバーで蹴散らされたのか、または季節の変わり目だからか定かではないがちょっと淋しい想い。。。
799-2732.jpg


 壁を降りて先へ進む。 ユカタハタの若魚、単独のマダラタルミ、奥にはウメイロ・オニハタタテ・ツノハタタテ等が数匹集まり集会場の様を呈している。

 Uターンしいつものコース、シライトイソギンチャクのクマノミカップル、ミゾレウミウシ2個体、クロユリハゼの成魚カップルとその幼魚等・・・、ミノカサゴノ根経由オトヒメ御殿へ・・・、魚影に変化なし。

 ジュズダマイソギンチャクのクマノミ幼魚確認、ハナハゼは今日も姿を見せず、キンセンの根へ。 今日もまたヤッコエイがクリーニングで例のヘンな格好でいる。 それも一度は逃げたが暫くしてまた戻ってきてクリーニングを受けていた、常連さんのようだ。
799-2757.jpg


 ガレ場を進み徐々に深度を上げる。最後にルートを逸れて礁斜面上部のシライトイソギンチャクをチェック、相変わらず遠目からも位置が分かる位に目立つ、未だ白化が回復していない。しかし住人のクマノミは健在だ。
799-2763.jpg


 ルートへ戻り減圧停止、浮上、冬場には無かった賑わいを見せる浜へと泳ぎ帰る。ビーチ近くでは親子がライフベストだけでバシャバシャ泳いでいたが水温22℃、まだ寒いだろうに・・・。今日は夏日の気温、天気もまずまずなので海に入りたくなる気持ちは分からないでも無いが・・・、そういえば今日は八重山の海開きだった。



 季節が進み前回よりは海の中も変化を期待したがまだまだ、海の春はもう少し先になりそうだ。




ポチっとお願いします
人気ブログランキングへにほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ


海のアイドル(1650) 石垣島 米原礁斜面 [魚]



今日のアイドル「イロブダイ 幼魚」
2017.02.16 石垣島 米原礁斜面

797-2653.jpg


イロブダイ幼魚、親とは似ても似つかない可愛いベイビーです
久し振りに会えたのでちょっとしつこく追いかけましたが
まあ逃げること逃げること・・・
尻尾を丸めて振り返りながら逃げる様子もとっても可愛いのです

普段あまり目にする事のない成魚は50cmにもなる大型魚ですが
この子は体長7~8cm、ダイバーの人気者です
もっと近くで撮りたかったのですがとりあえず証拠写真
トリミング、レタッチを多用して、なんとか見えるかな・・・













 朝から遠くに近くにカンムリワシ野鳴き交わす声が聞こえます。3羽程が距離を置いて鳴いていますが、彼等は何をしようとしているのでしょうか、まあ季節がら求愛行為の一つだとは思うのですが・・・。

 先日は低空を追いかけるように飛んでいく姿もありました。かといえば2羽が上空を鳴きながら大きな円を描いていることも。この時は風に乗りながら羽ばたきをせずにグライダーのように滑空する姿がとても優雅です。
                  (クリックして大きい画面でどうぞ・・・) 睨むカンムリ.jpg
 今日昼過ぎにまたごく近くで鳴く声が・・・、先日もやってきた我が家の前の電柱です。今日は手前の方に居るので雄姿が撮れるかなとシャッター押します。するとシャッター音が聞こえたようでこちらを見下ろしました。 「おいオッサン、何やってるの?」みたいにちょっと首をかしげて、いいように観察されてしまいましたよ。




ポチっとお願いします
人気ブログランキングへにほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ


海のアイドル(1649) 石垣島 米原リーフ下 [魚]



今日のアイドル「オグロクロユリハゼyg」
2017.02.16 石垣島 米原リーフ下

797-2640.jpg


砂地の小さな岩の傍に小さな青い魚が数匹群れていますが
ある距離まで近づくとそれらは瞬時に消えてしまいます

岩の下に彼等の巣穴があるようですが何処にあるのか・・・
あまりの早さに穴の場所を確かめることも出来ないくらい
数匹が同時に潜り込むのにぶつかり合ったりしないのかな~
一度その様子をスローモーションで見てみたい

例の尻尾が糸をひくハナハゼに色形が似ていますが
こちらの特徴は名前に在るように尾びれに黒い筋があること
個体数も多く何時でも普通に見られます
幼魚はこのように集団ですが成魚は大体ペアーで暮らします













 我が家のマンゴーの花芽、順調に生育し最初に伸びた房ではポツポツ花マンゴー花芽.jpgも咲き始めました。 昨年は木も小さかったのでたった二房の花芽でしたがそれでも3個結実し立派に実って自家製マンゴーを味わう事が出来ました。
                    (クリックして大きい画面でどうぞ・・・)
 今年は木の枝も増えてその枝の先には花芽の子供がかなりの割合で見えますのでこのまま順調に育つ様子を見ていきたいと思います。

 資料によると、花芽にはたくさんの小さな花が咲きますがこのうち上手く受粉して結実するのはほんの数個、しかしそこで欲張って全部実らせようとすると実が小さくなってしまうのだそうです。大きく実らせるなら一房に一個だけ残して実を落とした方がいいようです。

 さあ、ハウスも完成したし花芽もたくさん付きそうだし、今年は幾つのマンゴーが収穫できるか楽しみですね~。




ポチっとお願いします
人気ブログランキングへにほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ

海のアイドル(1648) 石垣島 米原オトヒメ御殿 [魚]



今日のアイドル「クマノミ ⅩⅩⅩⅩⅥ yg」
2017.02.16 石垣島 米原オトヒメ御殿

797-2635.jpg


ちょうど一年前、この根の窪みに着底した小さなイソギンチャクに
これまた小さなクマノミ幼魚が一匹居るのを発見しました(こちら)
その後も毎回潜る度に様子を観察し見守ってきました
一年経って今は逞しい若者の姿、何となくジャニーズ系ですね

なかなかモテそうな容姿ですが未だに独り者です
近くには例のジュズダマイソギンチャクに寄りそう幼魚が居るのに
ここに寄りつかないのはなにか理由があるのでしょうか

もしかしたらここの住まいに問題があるのかもしれません
ここの住まいのイソギンチャクは他と少し様子が違います
このエリアではあまり見た事の無いイソギンチャクなのですね

タマイタダキイソギンチャク?それともサンゴイソギンチャク?
触手の色模様が妙に紛らわしくてどちらなのか判別できません
そんな住まいが彼以外のクマノミのお好みでは無いのでしょうか













 マンゴーハウスの枠組みは終ったもののそれにビニールを架ける作業のタイミングを図っていました。2m四方、高さも2m強ありますので風が強い中での作業はとても厄介なことになります。しかし何時まで待てないので昨日、天気がいいので思い切って作業に取り掛かりました。

 雨が溜ったり風でビニールがバタつかないようにリニアバンドを架け、そハウス・ビニル架け.jpgの上をビニールで覆って又その上をバンドで押さえます。一枚のビニールを箱型に被せる訳ですからどうしても四隅にマチができます。また天井の肩の部分がアールになっていますので、その四隅のマチの処理にかなり苦労しました。             (クリックして大きい画面でどうぞ・・・)

 仕上がりはご覧の通り、ビニールの端っこのピラピラが自分でもちょっと不満が残るのですが、先ずは花芽を雨から守り授粉を促す用には足りるので一応これで良しとしておきます。

 作業を終えて枝を見ると花芽が伸び始めているのが確認出来ました。花が咲き結実し実りへの準備がなんとか終りホッとしているところです。




ポチっとお願いします
人気ブログランキングへにほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ

海のアイドル(1647) 石垣島 米原リーフ下 [ウミウシ]



今日のアイドル「ミゾレウミウシ Ⅶ」
2017.02.16 石垣島 米原リーフ下

797-2631.jpg


今のところ我がフィールドに出現するのはこの種のウミウシだけ
オニヒトデに舐めつくされた所に昨年10月久し振りに現われました
その後もたびたび目にするようになったのでいよいよ復活かな?

名前の通りミゾレのような清楚で優しい印象
毛筆で描いたような黒い点と線でさり気なく飾っています
良く見るとその線の描き方が左右不揃いなのが面白いな~













 今日、愛車で雨上りの道を走っていてふと気付いたことがあります。 従来愛車はいつも綺麗に洗車をして、少なくとも外観は綺麗にして乗りたい、したがって特に用事が無ければ雨の日は極力乗らないようにしたいと考えていました。まあそのせいか、車で出掛けるのは週に一回またはそれ以下というのが普通でした。

 車を綺麗にするならGSで機械洗車?ではなく自分で手洗いをしたいのですが、最近寒いせいもありかなり長く洗車せずにいました。そのため今の愛車のオレンジのボディに縦に薄黒い筋が走っています。季節風で大陸から運ばれてきたPM2.5等が原因です。

 このところ、週2のフィットネス通いやマンゴーハウスの資材の購入などで街へ出かける頻度が多く車に乗る機会が増えています。雨が降る日も出掛けない訳にはいかなくなっているのです。 今日走っていて、昨日の大雨のために畑の赤土が道路にあふれて汚れたところを通過せざるを得ないとき、いつもなら車が汚れるから通りたくないと躊躇するところが、今日はどうせ汚れているんだから・・・と気楽に泥道を通過していたのです。 

 車は乗らないと腐る・・・と言われていますが、以前の愛車も当にそのような状態で腐らせてしまったという経験があります。 今日改めてやはり車は綺麗にして飾っておくだけじゃなく、もっと積極的に雨の日も風の日?も走らせてやるべきだ・・・との想いに至ったという次第です。




ポチっとお願いします
人気ブログランキングへにほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ