So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
ダイビング ブログトップ
前の5件 | -

Dive No.821  石垣島 米原 [ダイビング]

 6月18日以来、なんだかんだ色々な用事出来事が重なって、結果一ヶ月以上を経て久し振りにチャンスがやって来た。台風8号の接近もあったし海への影響はどんなものだったか気になるところ・・・

Dive No.821(ダイブログより転記)
    2018年8月1日  天気:晴れ 気温:33℃  水温:水面28℃・水底28℃
    風:北西1  波:ほぼ凪  潜水時間:39分 水深:最大23.1m・平均17.3m

 夏休みに入り好天続き、連日32℃前後で海へ繰り出す人も多く、駐車場もビーチも早い時間帯から賑わいを見せているが、そんな様子を脇目に沖へ泳ぐ。イノー(礁池)の様子は特に変化ないようだ。
 先客のボートの脇から潜降、右耳の抜けが悪く耳抜きに手こずる。 ヨスジの根を上から望みヨスジの群れを探す。 前回よりやや纏まった群となっていた・
  821-4017.jpg

 根を降りて壁を奥へ進む。途中の二つケーブはまだ空のままだ。何かの変化を期待したがなにも発見できず壁奥でUターン。 砂地を進むと、普段平坦な砂底が凸凹、小さな岩の片方が大きくえぐれているのを見ると、先日の台風8号による大きな底揺れがあった為と思われる。  砂地のイソギンチャクは? クマノミカップルと共に健在であった。
  821-4022.jpg

 ミノカサゴの根へ。 ここは壁から少し距離があるので底揺れの影響は大きくなかったようだ。 スカシテンジクダイの群れが一層濃くなり根のトップのハタゴイソギンチャクに覆いかぶさっている。
  821-4029.jpg

 オトヒメ御殿へ。相変わらず白く染まったミツボシクロスズメダイが出迎えてくれる。しかしその下には長い間砂に埋もれていたようなペットボトルの残骸が無残な姿をさらけ出している。
  821-4032.jpg

 何も居付いていないナガレハナサンゴの横には大きなニセゴイシウツボが横たわる。横にオトヒメエビがいるが仲良し?の様。
  821-4033.jpg

 帰路、砂地のジュズダマイソギンチャクも、大きく育った住人と共に健在。 キンセンの根に細かいキンセンイシモチの幼魚が僅かに居付き始めたようだ。
 ガレ場の斜面を進む。礁斜面下のサンゴ群、ハートサンゴは成長しハート形が崩れてきた。二階建てサンゴも健在、ひと回り大きく成長したようだ。
  821-4043.jpg

 斜面を上り浮上前にハマクマノミを訪問、多少波に煽られながら撮影、大人しくイソギンチャクに籠っていてくれればいいのに激しく歓迎してくれるのでカメラに接近し過ぎボケボケだ。
  821-4052.jpg

 浮上してビーチ目指して泳ぐ。向かうビーチにはテントが二張りと子供たちの姿が・・・。何かの催しがあるようだ。 これからしばらくはこの賑わいが続くのだろう。




 ビーチへ来ていたのは、海の無い岩手県北上市の中学生20名の一向らしい。事故なく南国の海をたのしめたかな?







ポチっとお願いします
人気ブログランキングへにほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ

nice!(36)  コメント(6) 

Dive No.820  石垣島 米原 [ダイビング]


 このところ海況が思わしくなく前日まで諦めていたダイビングではあったが、当日起き抜けに海を眺めるとリーフエッジの波はさほどでもない。 海のアイドルブログネタもいよいよ底をついてきたこともあり、ネタ収集にいざ出陣! 今日はウエイトを忘れないように指差し確認!

Dive No.820(ダイブログより転記)
  2018年6月18日  天気:曇り時々小雨 気温:30℃ 水温:水面27℃・水底27℃
 風:南東2  波:凪 風波少々  潜水時間:40分 水深:最大23.1m・平均17.3m

 準備に手間取り出発が遅れたためビーチの駐車場の無料スパンは既にいっぱい、止むなく久しぶりの路駐(車線から少し引っ込んだ所)となった。 イノーを沖へ泳ぐが透視度悪し。 水中に細かい砂粒?が舞っているのが確認できるほど、それほど海が騒いでいたのだろう。
 潜降、ふと前回のウエイト無しでの潜降時の我が姿を思い出してしまった。今回はスムースにヨスジの根に降りる。 少しヨスジの数が増えたかな。
  820-3958.jpg

 壁を奥へ進む。ケーブを覗くがまだ小魚の姿が見えない。しかしケーブの入り口付近を注意して見ると10mm程の何かの稚魚の姿が無数に・・・、オ~ヨシヨシ、期待が持てる。
 さらに壁の奥へ、期待はスミレヤッコだが、居たっ! しかしカメラを構える間に岩の割れ目に姿を消してしまった。 いよいよ今年もスミレヤッコ姐さんとの逢瀬が始まる。
 砂地へ折り返しいつものコースを進む。クマノミカップルは相変わらずストロボ攻撃で写真にならず。
 ミノカサゴの根へ。穴の中にはまた巨大ニセゴイシウツボが、尻尾辺りをツンツンすると「なんだよ~!」と振り返るがそれ以上の反応なし。
 オトヒメ御殿へ。 また若いハナミノカサゴのお出迎え、ちょっと小さくなったようだが、前とは違う個体かな?
  820-3977.jpg

 根の穴を覗くとあちこちに白いヒゲ、オトヒメエビが集まってきたようだ。昨年は大した数ではなかったが今年はまた「御殿」の名にふさわしい数になるのかな?
  820-3983.jpg

 帰路、砂地のジュズダマイソギンチャクへ。 クマノミは大きくなって旅立ったようであと数匹が残るのみ・・。
 今日も視界悪く礁斜面が見渡せない。しかし前の轍は踏みたくないので慎重に方角を見定めて進み無事斜面へ到着、斜面に沿ってサンゴ畑へ。 ハートサンゴや二階建てサンゴを確認。 浮上ポイントへ戻る時、前回の忘れものタカセガイの貝殻をゲット。
  820-3994.jpg

 おまけに浮上ポイントの根の下でまたタカセガイを見つけたが、コイツはしっかり岩にへばり付いて動かない、これは生きている証拠、欲を出さずに手を引っ込めた。

 浮上、岸へ泳ぐ。 水面を見るとポツリポツリと輪紋が、小雨が降り始めたようだ。BCの下に挟んだタカセガイを落とさないように・・・、滅多にないコレクションだもんね。



 久し振りの路駐、機材を付けたり、外したりの光景を行き交うレンタカーの観光客は「こんな所で何してる?」とさぞ奇異な感じで見ていたのだろうな~。 だって有料駐車場の¥500なんか払う気ないもんね!




ポチっとお願いします
人気ブログランキングへにほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ

nice!(40)  コメント(10) 

Dive No.819-2  石垣島 米原 [ダイビング]


Dive No.819の顛末です

 スーツはペラペラの3mm、気泡はかなり潰れている筈、だから7~8mも潜れば浮力も減るだろう、真下にはヨスジの根、とにかくあそこへ届けば岩伝いに下がり、手ごろな石片を拾ってBCに挟めばなんとかなると目論む。 ワントライ-5m、耳が痛い、耳を抜こうとしたが頭が下だと抜け難い、で上を向くと浮力に負けて水面へ・・・。岩に掴まりながら何度か目でやっと耳が抜けた。エイヤット海底へ下り手ごろな重石を探して腹の下へ収めることで準備完了、フ~(ブクブク)とため息の後コースを進む。

 シライトイソギンチャクとクマノミ、ミノカサゴの根を覆うスカシテンジクダイ等の小魚を経てオトヒメ御殿へ。 婚活クマノミと遊んで帰路へ。
  819-3924.jpg

 途中砂地のジュヅダマイソギンチャクにつくミツボシクロスズメダイ幼魚集団はまた数が増えたかな?
  819-3925.jpg

 さて・・・、この先でまたミステイク、この方向でいい筈だと思い込んだ方角がとんだ思い違いだった。斜面方向が濁りで見渡せないまま砂地の小石の筋を辿って進んで行ったが、かなり進んでも斜面の岩礁へ往き付かないの。

ここで思い立ってコンパスナビ、しかしここの海域ではナビの経験が無いのでどっちが北でどの方向へ進むべきか定まらない、思考力が著しく低下、こっちと判断した方向へ中層をキープして泳ぐことしきり、やっと斜面の岩肌が見えるところまで来た。まあここまでの距離の長かったこと・・・、そしてここでお腹の重石を投下、お世話になりました。。。

 いい加減疲れ果てたがまだこの先礁原を200m泳がなければならない・・・。もうただ惰性で重いフィンを動かすのみ。

 渚で歓声を挙げる観光客を横目に何食わぬ顔で浜へ上がり海へ感謝?の一礼、だが内心は反省しきりなのだ、やれやれ、アァ疲れた~~~



 家に戻って、どこにウエイトベルトを忘れたか・・・、準備をするガレージには無い、縁側には? やはり無い、でダイビング器材を収納する押入れの中・・・、収納した時そのままに横たわっておりました。という事は準備段階でも全く手を触れなかったという事、我ながら準備への注意力の欠如に呆れてしまいました。



ポチっとお願いします
人気ブログランキングへにほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ

nice!(38)  コメント(10) 

Dive No.819  石垣島 米原 [ダイビング]



 前回とは一転しての梅雨空の最中、家の2階から見る限り海はベタ凪、3日後に目の手術(白内障)を控え、手術後の経過によっては次が何時になるかわからないし、写真ネタも増やしておかなければ・・・と決行!



Dive No.819(ダイブログより転記)
 2018年6月3日  天気:曇り一時晴れ間 気温:30℃ 水温:水面27℃・水底27℃
 風:南南東1  波:ベタ凪  潜水時間:30分  水深:最大23.1m・平均19.5m

 とりあえずいつものように記事を書き始めたが、今回はちょっと尋常な精神では書き進めることはできない、それほど無茶苦茶なダイビングだったということだ。

 リーフを越えていざ潜降、ん?身体が沈まない・・・、しまった!と腰を探る・・・ウエイトベルトがない! 車の中か、いや家に置き忘れたか・・・、取りに戻るにしてもまた200m泳いで帰ることになる、それとも中止する? 

 ログを示したということはとにかく潜りましたが・・・、 ここまで書いて思考停止! とりあえず写真を一枚だけアップして次の記事に譲ることにします、悪しからず・・・。

  819-3913.jpg   
                    (ミノカサゴの根トップのイソギンチャクに群れる小魚}



 白内障の手術は大したことないと覚悟は決めていたもののやはり少し神経質になっていたのかな? それとも馴れによる注意力散漫だったせい?  どちらにしても単に歳のせいにはしたくない、でもちょっと自重しよう・・・。





ポチっとお願いします
人気ブログランキングへにほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ

nice!(40)  コメント(8) 

Dive No.818  石垣島 米原 [ダイビング]



 カレンダーに書き込んだ満潮時間、22日午前10時9分 149cm。 起床して海況を眺める。リーフエッジに波無し、天気も問題なし、これは行くしかない、予定通り決行!


Dive No.818 (ダイブログより転記)
   2018年5月22日  天気:晴れ時々曇り 気温:30℃ 水温:水面27℃・水底27℃
   風:南南東1  波:ベタ凪  潜水時間:43分  水深:最大23.1m・平均17.3m

 イノーを泳ぎ行く時左手奥の岩礁の手前に大きな白い四角形の生き物が慌てる様子で逃げ場を探しアタフタ、あれはきっとイノーに迷い込んだ小マンタだろう。岩礁と水面の1m位の間を慌てて逃げ去って行った、脅かしてゴメンね・・・。

 イノーを出てヨスジの根へ潜降、期待したヨスジの集団だが今回も無し、残念! 壁を降りてケーブを覗くのだが、今日も二つとも空っぽ? いやアカマツカサとツバメタナバタウオは常駐だが・・・。

 壁を進むとまたいつもと違う魚影、カスミアジとブリ系の若魚だと思う。更に壁の奥へ・・・。 僅かな期待と共に壁を舐めまわす・・・と居ました、スミレヤッコさん、まだ若い個体が壁の穴から穴へと逃げ回る。 何度かシャッターを押したが写っていたのは岩穴ばかり、で証拠写真も無し・・・。 とにかくまた戻って来てくれたことに安堵、次を期待しよう。

 後ろ髪を惹かれる思いのままいつものルートへUターン、砂地のクマノミカップルを見てミノカサゴの根へ。 前回丸まっていたトップのハタゴイソギンチャク、今回は広がっていたが潮の流れにたなびく触手、住人カクレクマノミやミツボシクロスズメも位置取りがいつもと違い面白い景色、スカシテンジクダイも密度が濃くなってきた。
  818-3866.jpg

 オトヒメ御殿へ向かう。途中の砂地には綺麗な円錐形の小山があり、その一つの頂上から砂の噴煙?が噴き上がる、さながら水底火山のようだ。この下にはどんな生き物がいるのかな?
  818-3870.jpg
 
 オトヒメ御殿では相変わらずデカイ?ミツボシクロスズメ達が縄張り争い、今回はその中の一匹と遊んでみた。近付くだけでしきりに攻撃してくる彼等、試しに手を差し出してみる。激しい動きを見せるが咬み付く様子はなく体当たり戦略だ。
  818-3873.jpg

 帰路ジュズダマイソギンチャクノクマノミの様子を見る、益々大きくなり小さいイソギンチャクが余計に小さく見える。
  818-3875.jpg

 コースを戻り礁斜面を上る。 中程のサンゴ園? また少し大きくなったハート形サンゴ、二階建てサンゴをチェックし浮上地点へ戻る。中の岩棚に大きな巻貝がゴロンと転がっていた。タカセガイ(サラサバテイ)だが身はなく抜け殻のようだ。何故ここに? ダコにでも喰われたのだろうか。
  818-3884.jpg

斜面のサンゴ畑を眺め深度を上げる、元気なサンゴの姿を見ると疲れも吹っ飛び気分爽快、元気なサンゴは活力を復活させてくれるようだ。 斜面トップのハマクマノミにも再会の挨拶をし浮上、今日も満足感一杯のダイビングであった。




 今日も楽しいダイビングに終わったが、終ってから・・・アァ何故あのタカセガイの貝殻を持ち帰らなかったのかと悔やむことしきり。 生きた貝ならともかく中身の抜けた貝殻なら許されるのでは・・・、後悔先に立たずだ!



ポチっとお願いします
人気ブログランキングへにほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ

nice!(39)  コメント(9) 
前の5件 | - ダイビング ブログトップ